豊田真由子議員の元秘書が辞めた理由

  • 茨城瓦版
    世の中の、あらゆる出来事や最新ニュースを私め独自の視点で

ここ茨城から瓦版で、あなたへ情報発信♪

ニュースサイトには無い情報を探るのが瓦版のモットー

ここ茨城から瓦版で、あなたへ情報発信♪ TOP  >  政治家  >  豊田真由子議員の元秘書が辞めた理由

豊田真由子議員の元秘書が辞めた理由

toyota-mayuko

警察が傷害容疑で事情聴取[ toyota-mayuko ]

 埼玉4区選出の国会議員、「 豊田真由子
[ とよたまゆこ toyota-mayuko ]衆議院議員【 42 】
から今年の5月に移動中の車内で罵声を
浴びせられた上に手を挙げられたとして
元政策秘書の男性【 55 】が今月に入ってから
警察に被害届を提出し、6日に受理された。

埼玉県警は今後、豊田真由子議員本人からも
詳しく事情を聴き、傷害容疑で
捜査を進めるとしている。

週刊新潮が公開した元政策秘書への
罵声や手を上げる様子が録音された
証拠の音声が注目を集めている。

暴言を吐かれた上に手を挙げられた事で
顔面打撲などの怪我を負った元政策秘書の男性は、
被害届けを出した埼玉県警に、録音した音声テープと併せて
医師の診断書 」も併せて提出してる。

  • 豊田真由子議員が警察に捜査される訳とは
  • なぜ元政策秘書の男性は音声を録音したのか
  • 元政策秘書の男性は医師の診断書も提出
  • 元政秘書が辞めた本当の理由とは何か
  • 豊田議員が生まれ育った家庭環境を検証する
  • 二面性を併せ持っていた豊田氏の裏の顔
  • 警察の捜査が進む中で逮捕の可能性は有るのか
  • 情緒的に未成熟な人間の特徴とは
  • 自業自得の結果に、なった警察沙汰
  • 弱い者いじめでしか無かった一連の不祥事
  • 元自民党だった豊田議員の問題点とは


 安倍チルドレンとも称される豊田議員は、
問題の音声が報道されて後の先月の22日に
自民党に離党届けを出し、受理された。

東大法学部出の才媛は、厚生省( 現在の厚労省 )に
入省し、その後の2012年の衆院選で初当選後、
数々の政務官を歴任するなど輝かしい経歴を持つ
国会議員2期目の超エリートである。

そんな豊田議員が渦中の騒動の中心人物に
なってしまい、元政策秘書には今年5月に
暴言を浴びせた事と併せて
3日間で20回近くも手を上げたとして
警察沙汰に、なってしまった背景には
いったい何が有ったのだろうか?

七夕である7月7日現在、心身症で入院中だという
彼女の生い立ちから追ってみたい。

スーパーエリート家族の豊田議員

 上述した豊田議員の元政策秘書の男性は
6月18日に辞職しているが、彼女の気性の激しさは
今に始まったことでは無かった。

2014年に催された春の園遊会では
招待者以外は入場禁止の会場に、入り口で静止されたにも
関わらずスタッフに怒鳴り散らしながら
同伴した豊田議員の親族とともに強行突破、
入場している。( Wikipedia )

さらには、国会議員に当選される
以前のキャリア官僚だった時代から
「 クセの強い女性だ 」とする評判は有ったようだ。

そのような彼女の人格形成は、
どの様な家庭環境で育まれてきたのか?

ここで週刊誌の記者が彼女の、ご両親を
突撃取材した非常に興味深いオンライン記事を
見つけたのでシェアさせて頂く。

( 以下「 週刊女性PRIME 」から引用 )↓

 ここで( 豊田議員の )母親が現れ
苛立った様子で割り込んできた。

「 マスコミは相手にしませんので! 」

 続けて激しい口調で「もう、いいから早く家に入んな!」
と夫にまくしたてると、こちらの取材には答えてくれなかった。
所作や話し方が豊田議員と、そっくりだ

「 あの家は父親が東大、母親が東京外語大出で、
娘3人も高学歴。長女は医者、三女は弁護士だから、
次女の豊田議員も東大卒とはいえ、四方八方から
プレッシャーを感じながら育ったんでしょうね 」

( 引用ココまで )↑

親子の血は争えないと言うが、豊田議員の母親も
似たような性格の持ち主だった、ご様子。

 エリート家系に生まれ育った才媛の行く末が
世間を騒がせた上での傷害容疑では、
これまでの努力は一体、何だったのか。

この段階で不肖この私めが個人的に感じている事は
「 愛情を受けて育った様には見えない 」
という印象しか無い。

次章では、社会心理学的な観点も交えて
深く考察していく所存。

スポンサードリンク




人が情緒的に成熟する意味とは

 報道に拠れば、ちょっとしたミスでも激昂する
豊田議員が怒り狂いながら罵声を浴びせる
音声の内容は「 元秘書が運転する車が道を間違えた事 」
を糾弾するものが殆どだ。↓

6月20日の音声「 どこかを
調べんのが手前の仕事だろうが! 」

「 しかも教えてやったのにさ、
違うよ、と! 」

「 教えてやったんだよねぇ、私ねぇ? 」

「 それを何?豊田真由子様に向かって、
お前は違うと言うわけ?私に! 」

「 自分は正しいと?豊田の、やってることは
間違ってると!?俺の、やってるのは
こうだと!! 」

「 ここだよねぇ?!入るんだよねぇ?!! 」

「 あっちの路から入れますか?ここに?! 」

「 こっちだろうがよぉ!どう見ても!! 」

「 どこに入り口が有んだよ?この団地の裏側にさぁ! 」

「 団地と体育館の間に入口が有んのか?ボケッ!! 」

翌21日の音声「 裏なんだよ、
こっちは!お前はよぅ!! 」

「 さっき言っただろう?さっき!! 」

「 違うって言ったら違う方、行きゃ良いだろう?! 」

「 あたしが違うって言ったら違うんだよ!! 」

「 裏から入れねぇんだよ!
さっきの体育館と一緒だよ!! 」

「 建物にはなぁ裏が有んだよ
裏口から入れねーんだよ! 」

「 人が表は、こっちだって教えてるのに
裏に行って、お前ふざけんなよ
この野郎!! 」

上の箇条書きは週刊新潮がスクープした
録音テープの一部では有るが、元政策秘書が
運転する車に豊田議員が乗って埼玉県内の
市民センターに向かう時に、約50メートルほど
遠回りした事に逆上したとされる、
車内での音声を抜萃させて頂いた。

元政策秘書の男性が有能かどうかは、
ともかく豊田議員が大声で怒鳴り散らす
録音コンテンツ( 情報の中身 )には、
完璧な最短ルートで一発で現地に到着する運転じゃないと許さない
とする豊田議員の道順に対する
異常なまでの執着ぶりが伺える。

car-navigation-system

 ここで私めが個人的に私淑する社会心理学者の
「 加藤諦三 」先生【 79:元早稲田大学教授 】の
著書から抜粋させて頂く。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

自分に気づく心理学愛蔵版 [ 加藤諦三 ]
価格:514円(税込、送料無料) (2017/7/9時点)

( 以下「 自分に気づく心理学 」から引用 )↓

どっちの道を通っても5分も違わない。
そんな時「 こっちの路を通らなかった 」
からと言って大人が怒るのは、おかしい。

ただ子供ならそんな時自分が通ろうとした
道でなければ嫌だと怒り出す。
そして「 プーッ 」とふくれて怒り出す。
ごねだす、すねる。時には親でも手に負えなくなる。

ところが大人だって、そんな小さなことで
自分の期待していたことと違えば心の底で
子供と同じように怒っていることが多い。

情緒的に成熟した大人なら別である。

( 引用ココまで )↑

 ラジオ「 テレフォン人生相談 」の
現役パーソナリティも、されていらっしゃる
加藤先生は幼い頃に近しい人間から十分な愛情を
受けずに育った人間は、大人になってからも
幼児的一体感 」が残り、情緒的に未成熟な
キャラクターが形成されるのだという。

懸命に努力して人々が羨むような
エリート街道を歩むことと、真の人間的な資質とは
全くの別物だという典型的な例だと感じた。

 国会議員としての豊田氏は極めて真面目で
仕事熱心だったらしく、やる時には徹夜をしてでも
やり遂げる強固なマインドの持ち主だったという。

だが、街頭インタビューを受けた年配の男性は
豊田議員の印象を「 最高位の学歴を持っていても
人間としての資質に欠けているね 」と
厳し目なコメントされていた。

豊田氏から何度か謝罪は有ったものの、
誰かに言わされている様な印象を受けたと言い、
元政策秘書の方は今は金銭的な和解にも応じる気は
一切ないと仰っている。

ちなみに豊田真由子事務所での政策秘書は
4年半で実に100人以上もの人間が
入れ替わっているのだという。

スポンサードリンク




国土交通省に、お勤めの夫とは別居

 渦中の豊田真由子議員は、国交省に勤める
キャリア官僚の夫との間に小学生の、
お子さんが2人いらっしゃるという。

外の世界で、これだけの騒動を巻き起こしている
方なので、家庭の中ではどうなのか?と
思ってしまう所なのだが言わずもがな、
という状況であった様だ。↓

( 以下「 NEWSポストセブン 」から引用 )↓

国交省で働く夫に対しても口汚く罵るようで
最初は、じっと耐えていた彼も
小学生の2人の子供のために
“これ以上こんな母親の姿を見せられない”
と家を出て、今は別居状態。

( 引用ココまで )↑

逆に考えれば、もし結婚生活が円満に送れる
良妻で有ったとしたなら、今回のような
傷害容疑などの揉め事も、起こすわけが
無かったに違いない。

安倍政権が逆風から暴風雨へと変わった

 豊田真由子議員が、元政策秘書へ行った
罵声を浴びせて手を挙げる行為の音声が
暴露される前は、自民党所属の衆議院議員で
内閣府・文部・復興などの政務官を歴任した
ホープで将来を有望視されていた。

これが今回の騒動で自民党を離党して入院し、
挙げ句の果てには警察に傷害容疑まで掛けられる
破目に、なったのは自らの身から出た錆、
自業自得以外の何物でもない結果だ。

さらに離党届を出したものの、
報道されたのが東京都議会議員選挙の投開票日の
前だったことも有り、稲田防衛大臣の失言問題や
加計学園問題などのスキャンダルに併せて
自民党政権を失墜させる原因の1つに、
なってしまったのは周知の事実。↓

安倍政権の支持率が下落した理由

結果、都議選2017で自民党は
歴史的な大惨敗を喫し、都民ファーストの会に
大きく議席を奪われてしまったのは、
あなたも御承知の通り。

この時に、とある自民党幹部は
「 逆風が暴風雨に変わったよ 」と嘆いたという。

この方の国会での質疑応答を見ていると、
二面性を感じさせると言うか
今回のような凶暴な本性を全く見せないので、
相当無理して「 良い人 」を演じて来たんだなぁ~
と言うのが、いみじくも感じられてしまった次第。

豊田真由子衆議院議員の、これからは先は

今回の豊田議員の一連の報道の中で、
元政策秘書の男性がメディアのインタビューに
応じていらっしゃったが「 和解案には一切応じない 」
と語られているので、かなり
ご立腹されているのは間違いない。

あそこまで自分の人格を否定された上に
手を挙げられて怪我を負ったとあれば、
そう簡単に許せるわけもないだろう。

 私ごとだが昨日の深夜、スーパーに買い出しに行った時
レジで年配の男性客が接客していた店員に
大声で怒鳴りつけていた。

詳しい事情は知らないが計算間違いをしたとかで、
かなりの長時間、平謝りの店員に怒鳴り続けていた。

さすがに手までは上げてはいなかったが、
豊田議員のニュースを見て影響されたのであろうか。

豊田議員も、深夜のスーパーに居た
年配の男性客も共通する点は
弱い者いじめ 」であったという点だ。

傷害容疑で捜査に着手している埼玉県警だが、
今後の展開で逮捕されるかどうかは
当局の判断に委ねられるが、証拠として
録音した音声のみでなく「 顔面打撲 」などの
医師の診断書も添えて提出しているので、
彼女の分は相当、悪い。

女子御三家と呼ばれる名門の中高から
東大法学部を出て当時の厚生省に入省後、
ハーバード大学にも留学経験を併せ持ち、
国会議員となった典型的な「 人生の勝ち組 」
路線を歩んできた豊田議員の、これから先は
暗雲が立ち込めていると言っても過言ではない。

そんな彼女の座右の銘は「 艱難汝を玉にす 」
で、あるという。

ざっくり説明させて頂くと、
「 困難や苦しいことを乗り越えた時に、
初めて立派な人間に成長することが出来る 」
という意味だが深層心理学的には、
これは当てはまらない様に思う。

つまり「 困難や辛い経験 」が
幼少期に周りに居た重要な人たちから愛情を注がれなかった事
だとしたら情緒的に成熟した立派な大人には
成長できない様に神様は人間を作られた
様で、あるからだ。

一度、形つくられた人間の性格は
簡単には変わらない。

警察へ被害届を出した元政策秘書の男性に、
豊田氏から何度か謝罪が有ったと言うが
ゴメンで済んだら警察は、いらないよ
とは正に、この事。

だが、生真面目な豊田議員の長所は
仕事に打ち込む真摯な姿勢そのものであり、
国会の予算委員会の最中に居眠りや
テトリス・ゲームを、やっている議員に比べたら
何倍も評価されて然るべきで有るのだが。

スポンサードリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

記事ランキング

ネクストクルーザー NO1

第1位 ネクストクルーザーの最高速度は何キロなのか

この公道ミニカー[ nextcruiser ]って何キロ出るの?  最近モデルチェンジして巷で話題に、なっている ミニカー登録で公道を運転できる原チャリ、 その名も恐怖の「 nextcruiser 」 […]

記事の続きを読む
kenohdou NO2

第2位 圏央道だけの利用料金の一覧

首都高を使わない場合の利用料金[ kenohdou-2 ]  別記事でも御伝えさせて頂いている通り、 いよいよ2日後の2017年( 平成29年 )2月26日の 日曜日の午後3時( PM )に圏央道( […]

記事の続きを読む
kenoudou NO3

第3位 圏央道、茨城県の開通区間の移動時間と料金一覧

境古河ICからつくば中央ICまでの通行所要時間  つ、ついに我ら茨城県民が首を長くして待ちに待った 圏央道[ kenoudou ]の茨城区間( 両方向で暫定2車線 )が、 いよいよ来週の日曜日、201 […]

記事の続きを読む
運営者情報のプロフィール

初めまして!       小松と申します。     私はトラック運転手の仕事に就いてから今年で足掛け12年目に入りました。     ここ茨城から、世界に先駆けて世の中の最新ニュースや エポックメイキングな情報を発信し続けてまいります。 ご意見やご要望、時には  お叱りなども、ございましたら遠慮なく、お問い合わせを頂ければと思います♪^^

プロフィールの続きを読む
アーカイブ

    Copyright(C) 2012-2017 ここ茨城から瓦版で、あなたへ情報発信♪

    ページトップ