HTTPからHTTPS化へ常時SSLサーバ証明書の移行の設定方法

瓦版茨城の台風情報

瓦版茨城の台風情報

台風の進路予想図の最新情報がメインのブログです

瓦版茨城の台風情報 TOP  >  WordPress , インターネット用語  >  HTTPからHTTPS化へ常時SSLサーバ証明書の移行の設定方法

HTTPからHTTPS化へ常時SSLサーバ証明書の移行の設定方法

https

 Googleが「 従来からのHTTP通信のサイトよりも、HTTPS化したより安全な常時SSL接続の暗号化通信を行なうサイトを優先して検索の上位に表示させる 」とアナウンスを公式に発表していたので気になっていた。

本稿のURLをご覧頂けるとお分かり頂けると思うが、既にHTTPS( セキュア:安全な )化を完了させている。

サーバ証明書の発行から高い安全性を持つ常時SSL( Secure-Sockets-Layer )接続させる一通りの手順を分かりやすく簡単に豊富な画像を使って解説する。

HTTPS化に向けて無料のサーバ証明書を発行する

 2018年以降のサイトの主流はHTTPS通信が標準化し、暗号化されないHTTP通信は信頼性が低下する。

セキュリティはGoogleの最優先事項です

Googleは、デフォルトで強力なHTTPS暗号化を導入するなど、業界でも最先端のセキュリティをGoogleサービスに導入することに力を注いでいます。

【 引用ここまで↑出典:Googleウェブマスター向け公式ブログ 】

2018年以前から検索結果の順位にもHTTPS通信は優遇されるなどの影響が言われていたので、「 やっぱり近い内に、やんなきゃダメかな~ 」とは、以前から思ってはいたのだが…

常時SSL接続HTTPS化の、おおまかな流れを以下に一覧で記すが正直、ワードプレスは方法を間違えるとホワイトアウトといってサイトが丸々、吹っ飛ぶ事故が発生する恐れも有るので、自己責任でバックアップだけは、しっかり取っておかれたい。

  1. Xサーバで無料サーバ証明書の取得
  2. Xサーバで.htaccessの編集作業
  3. Xサーバで常時SSL設定化の作業
  4. プラグインReally-Simple-SSL
  5. ワードプレスでSSL接続化の設定
  6. ワードプレスでHTTPからHTTPS化
  7. 常時SSLサーバ証明書の確認作業

ざっとした流れは上記の様な感じだが、一番めんどくさい部分は何と言っても、サーバ・パネルにログイン後の操作だ。

ますは、Xサーバーのパネルにログインする。↓

ログインしたら、まずは無料の常時SSLサーバ証明書の発行の手続きを行っていく。

次章以降で、豊富な画像とともに詳しく追って作業手順を、解説して行く所存。^^

エックスサーバで常時SSL化接続の設定を行なう

 エックスサーバーにログインしたなら、まず最初に常時SSL化接続の設定を実行する。↓

https

常時SSL化の設定を行っていくのでクリック。↓

https

SSL化する指定のドメイン名を選択する。↓

https

左側の「 独自SSL設定を追加する 」タブを選択して、クリックする事でドメイン名の独自SSL設定は完了するが、まだ終わらない。

https

常時SSL化設定の操作が完了すると、以下の様な画面が出て、待ちの状態になる。↓

https

次に行なう作業は「 .htaccessの編集 」分かりやすく記すなれば、「 どっとえいちてぃーアクセス編集 」だ。

じつは常時SSL化設定の操作に、.htaccessの編集の手順が必要な事が分からず、いつまで経ってもワードプレス側のドメインを「 HTTPS 」に変えて検索しても表示が以下の画像のまま。↓

https

X-serverに限らず、普通は常時SSL化設定をしたら、遅くとも1時間くらいでサイト側に反映されるはずなのだが…

実は、なかなかWordPress側で「 HTTPS化 」に変わらず、1日たってもまだ反映されないので電話でXサーバー側に、問い合わせてみたが…

オペレーターの女性の方の対応が微妙だった。

別に文句を言う訳ではないが、上記の状況を説明しても「 なら、どうしようもないですね~ 」などと言って知っている答えを教えようとしない。

名前を本稿で記す事はしないが私めが何度も、しつこく食い下がって質問を繰り返さなかったら、.htaccessの編集のやり方をアドバイスせずに、きっとそのまま電話を切っていた結末に、なっていたはずだ。

当「 瓦版茨城 」のブログのURLも教えて直接、目視で確認までして頂いているのに、知っていることを何故、教えないのか?

不肖この私めの聞き方が悪かったのかも知れないが、しかし電話サポート・センターのオペレーターとしての対応には、疑問が残った。

Xサーバ内で.htaccessの編集作業を行なう

 さて、冒頭に貼らせて頂いた解説動画ではファイル転送ソフト「 FFFTP 」内で操作して、「 .htaccess編集 」を行なうが、Xサーバーのサーバーパネル内でも作業は出来る。↓

https

まずは画面右上の「 マニュアル 」をクリック。

https

マニュアル画面ひだり側の「 サーバーについて 」をクリックし、
「 .htaccess編集 」から「 Webサイトの常時SSL化 」をクリックして、
出てくる追加用の記述ソースコードをコピペする。

  1. RewriteEngine On
  2. RewriteCond %{HTTPS} !on
  3. RewriteRule ^(.*)$ https://%{HTTP_HOST}%{REQUEST_URI} [R=301,L]

https

次に「 .htaccess編集画面 」に入り、先程コピペした追加用のソースコードを貼り付ける。

https

対象ドメイン名は違っているが、むろん一貫して当「 瓦版茨城 」のドメイン名で。

https

しばし小1時間ほど待つと、サイトに反映されるはずだが.htaccessファイルは大変デリケートなので、念のためにバックアップを取ってから作業することを、おすすめする。

取り敢えず、エックスサーバ側の操作は以上だが.htaccess編集の仕方を間違うと一発で画面が真っ白になり、最悪の場合、WordPressの管理画面にも入れないエラーが発生する事も有るので、作業は慎重に行って頂きたい。

次章では、ワードプレス側でサイトのHTTPS化の際に今まで使用していたHTTPのURLを一括でリダイレクト変換するために必要なプラグインの、インストールの方法などを分かりやすく説明させていただく。

ワードプレスでReally-Simple-SSLプラグインを

 では、次にワードプレス側に移動して常時SSL化に設定してHTTPからHTTPS化を実施していくが、その前に面倒なことが。

普通なら、ブログ記事内に大量に貼っている内部リンクのURLは、今までのHTTP通信のままなので貼り替えをしなければならない。

だが記事数が何千記事もある場合、そんな面倒なことをいちいち、やってらんないので「 Really-Simple-SSL 」のプラグインが非常に優秀で便利過ぎる♪↓

乱暴な言い方を、してしまうと極論は「 インストールして有効化 」だけで、すべての設定が終了してしまう♪(^o^)

むろん、当「 瓦版茨城 」でも使用しているがワードプレスのテーマに拠っては上手く機能しない場合も、あるかも知れない。

いずれにしても、Really-Simple-SSLは細かい設定は不要で有効化するだけで、内部リンクおよび画像URLを、ひとまとめにhttpから
https化へ自動で一括で置換してくれるから、大変ありがたい。

WordPressで常時SSL接続を有効化してHTTPSに

 で…最後の総仕上げで、いよいよワードプレス側でも、HTTPS化に変更する。

https

ワードプレスの管理画面のダッシュボードに入れば、上の様な画像が出ているはず。

そこで「 有効化 」ボタンを押せば、以下の様に常時SSL設定が有効化される。↓

https

一応ここまでで、「 HTTPからHTTPS化へ常時SSLサーバ証明書の設定方法 」は終了だ。

実際にURL窓をクリックしてから、F12キーでセキュリティ・タブを押すと、SSLサーバ証明書が目視で確認できる。↓

https

Googleも公式に明言していると、よく言われる事が「 HTTPS化すると、SEO( 検索エンジン最適化 )が強くなる 」とする恩恵に、あずかれるというもの。

感覚値として率直に思う実感としては「 そんなに変わんないかな~? 」っと。(-_-;)

当ブログも、HTTPS化して3~4ヶ月近く経つがなんでもかんでも投稿した記事が上位表示される訳では当然ないからである。( そんなに甘くない )

だが、やはりそれでもHTTPS化は信頼の証し。

暗号化通信はURL窓にも鍵マークが表示されるので安全性と共に読者様に与える印象も良好だ。

ワードプレスだけでなく、サイト作成システムのシリウスでも、HTTPS化は完了させている。

なおサーバ証明書は、ほとんどのレンタルサーバーで無料で取得できるが、
値段の高い有料の証明書でもGoogleからの「 HTTPS化されたサイトである
という評価は無料の証明書と全く変わらない様である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


記事ランキング

開城ケソン南北共同連絡事務所の場所と地図 NO1

第1位 開城ケソンの場所はどこ?南北共同連絡事務所の地図

 北朝鮮と韓国の交流の拠点でホットラインだった、開城ケソン工業団地の中にある「 南北共同連絡事務所 」の場所が、どこかをGoogleマップで表示する。 【 本稿の記事ページの目次 】  1. 開城ケソ […]

記事の続きを読む
ブログ運営者情報のプロフィール

 初めまして!小松と申します。私はトラック運転手の仕事に就いてから足掛け13年目で退職し、プロブロガーに転身しました。ここ茨城から、世界に先駆けて台風関連の最新速報を中心に、エポックメーキングな情報を発信を続けてまいります。ご意見やご要望、時にはお叱りなども、ございましたら遠慮なく、お問い合わせを頂ければと思います♪^^

プロフィールの続きを読む

最新投稿5記事

台風3号2021年チョーイワン 次の台風3号2021たまご米軍JTWCヨーロッパの最新情報! 2021台風2号スリゲたまご発生 台風2号2021米軍JTWCヨーロッパの進路予想は北上して沖縄へ 2021年の台風1号つつじの進路予想は? ヨーロッパ中期予報センターWCMWFの新ENSメテオグラムとは? 2020年の台風23号クロヴァンたまご進路予想図 台風23号2020たまご米軍JTWCヨーロッパ予報の最新情報! 台風22号ヴァムコー米軍JTWCヨーロッパ進路予想図 台風22号2020年の米軍JTWCとヨーロッパ進路予想図は

    Copyright(C) 2012-2021 瓦版茨城の台風情報

    ページトップ
    ↑上