地震予知2019年の前兆はいつ?観測データからの予測は

ここ茨城から瓦版で、あなたへ情報発信♪

ここ茨城から瓦版で、あなたへ情報発信♪

ニュースサイトには無い情報を探るのが瓦版のモットー

ここ茨城から瓦版で、あなたへ情報発信♪ TOP  >  地震情報  >  地震予知2019年の前兆はいつ?観測データからの予測は

地震予知2019年の前兆はいつ?観測データからの予測は

earthquake2019

 南海トラフ地震や、首都圏直下型地震が
今後30年の間に発生する確率は7割以上とも
言われているが、気象庁は「 地震予知は
今の科学では無理 」との姿勢を崩さない。

地震予知について 」より引用↓

少なくとも「( 時 )一週間以内に、( 場所 )東京直下で、
( 大きさ )マグニチュード6~7の地震が発生する 」と
いうように限定されている必要がありますが、
現在の科学的知見からは、そのような確度の高い地震の予測は
難しいと考えられています。

【 引用ここまで↑出典:国土交通省・気象庁 】

「 2019年の地震予知 」と銘打っておきながら
申し訳ないが、本稿でも「 地震の予知 」を
気象業務法第17条第1項に、ならい
「 予報業務許可事業者 」の資格を持たない
不肖この私めが行う事は違法なので出来ない。

否、仮に地震予知の公表が許可されても、
地震学者でもない私めが地震の予測をした所で
当たる確率は極めて低いだろう。

そこで本稿では、「 あなた自身が地震の前兆を
予知できるかもしれない観測データの提供
」を
主眼に置く企画として、当記事を作成した。

なお、本稿のリンク先の観測データは
更新すれば常に最新の状態が表示される。

巨大地震の前兆を示す電離層データで予知できるか

 気象庁はもちろんの事、基本的な天気予報を
発表する会社でも「 明日の地震予報 」などと
定期的な情報を公開したりはしない。

しつこい様だが、本稿の主眼も「 いついつまでに
震度いくつの地震が、この場所に起きます 」
などという予知は行わないし行えない。

当記事で出来ることは、「 地震が起きるかもしれない
前兆の観測データを提供するので予知するか
どうかは、あなた自身が判断して下さい 」
と言う位置づけだ。

地震が起きるかも知れない予知の判断材料となる
観測データで、2019年現在もっとも有力なのが
地上、約100キロの上空にある「 電離層の状態 」である。

熊本地震でも東日本大震災でも発生の
20分まえから電離層にある電子の異常が起き、
異変が見られるという。

2011年の東日本大震災の直前には、3月8日の
午前11時から日本海溝上部の電離層に異変があり、
夜でも電子の動きが活発に、なっていた。

太平洋上の電離層の異常が観測されたのは
3月5~6日にかけて。調布、春日井( 愛知県 )、
高知の3カ所の受信局で、電波の夜間の
平均振幅が極端に短くなるという
「 明瞭な前兆 」( 早川氏 )が現れていた。

【 引用ここまで↑出典:日本経済新聞 】

電離層の観測データは、衛星からの電波を受信する
日本全国に1,300局ある電子基準観測点から得られる。

近年の観測で,地震発生の30分以上前に,
電離層内に電子密度の高い部分が
生じる場合があることが示唆された。

【 引用ここまで↑出典:日経サイエンス 】

大地震の前兆として、「 電離層に異変が現れる
可能性がある 」とう事なので、リアルタイムで
確認できる電離層の観測データのリンクを、
以下に貼る。

まずは、日本国内の電離層垂直観測データ
「 イオノグラム 」で稚内、国分寺、山川、
沖縄の4地点のリアルタイム観測データから。↓

更新すれば、常に最新の状態の電離層の
観測データ画像を確認できる。

見方は良く分からないが( 笑 )なんでも
通常とは違うノイズが画面に入る様になると、
電離層に異変がある状態なのだとか。

次は、GEONETと呼ばれる準リアルタイムの
GPS全電子数マップで国土地理院のGPS受信機網
( GEONET )データを基に、京都大学及び
名古屋大学の協力のもと、NICTで算出している。↓

上記リンク内の画像の見方もよく分からないので
また新たな情報が入り次第、追記して行く。

電離層は地上100キロの位置にあるが、
地中からラドンガスが出るとプラスの電子が
地表に溜まる事により電離層にマイナスの
電子が発生する。[ earthquake2019 ]

空気中では放射線の影響でマイナスとプラスに
分離し、+電子が地上にとどまることで電離層では
-電子が増える仕組みなのだ。

よく言われる「 大地震の前にテレビやラジオの
電波障害が起きて音声にノイズが入ったり、画像が
乱れた 」という現象は、電離層撹乱が発生して
大規模な地震の前に電離層が数キロ下がるからだと
言われている。

スポンサードリンク


地震の前兆の可能性を示す大気中ラドン濃度グラフ

 先程は、地中から出る放射性の希ガス元素
ラドンガス【 Rn 】が大気圏にある電離層に
影響を与えると記した。

「 ラドン温泉 」という言葉は聞いたことが
あるが、ラドンガスと地震の関係は何か?

日本で起きる地震の殆どはプレート境界型の
地震であると言われているが、大地震の周期は
最も短いものでも200年で、1年で3センチづつ
北北西に移動し、200年で6メートル移動する。

実は、マグニチュード7クラスの大地震が起きる
1週間くらい前に岩盤が、ヒビ割れを起こすことで、
微細な「 マイクロクラック 」が起きると、
地中からラドンガスが出てくるのである。

と、言うことは…!?

普段からラドンガスの状態をリアルタイムで
監視し、観測データに異変が起きたら用心すれば
良い、という結論になる。

では、さっそく以下に「 大気中ラドン濃度グラフ集 」
のリアルタイム観測データのリンクを貼る。↓

「 更新 」することで、常に最新の観測データの
グラフ表を見ることが出来るので参考にされたい。

ただし、岩盤の破壊に拠って生じたクラックから
発生するラドンガスは微量であるが故に、はたして
ラドンガスの濃度が巨大地震の発生と密接な関連が
有るか否か?という科学的根拠は確定されていない。

本稿が提供できるのは、各種観測データのみであり
「 この気象データに異変が有ったら巨大地震が起きる 」
などと言うことは断言が出来ないのである。

本震の前兆である前震の観測データで予知は可能か

 巨大地震の前には「 前震 」という前兆が現れる
様で、東日本大震災の時にも前震があった。↓

2011年の2月27日に発生した地震も
前震だとする書き込みが有る様だが、正確には
3月9日11時45分に発生したマグニチュード7.3
の地震と、3月10日6時23分に発生した地震の
2つが、東日本大震災の前震であるとされる。

  • 2011年3月9日11時45分
    • マグニチュード7.3( Mj:Mw )
  • 2011年3月10日6時23分
    • 気象庁マグニチュード( Mj )6.8
    • モーメントマグニチュード( Mw )6.4

地震学者の誰もが、予知できなかったと
言われる東日本大震災の本震は、2011年3月11日の
14時46分に発生したが、9日と10日の地震が
まさか前震だとは思いもしなかっただろう。

しかし、それでも前震があるという知識を得て
最新の地震発生状況を知らせる観測データを
チェックする意義は有るように思う。

上の地震発生状況の地図は防災化研Hi-netが
提供するリアルタイムの「 あなご君 」である。

マウスを、あなご君の上にホバーするだけで
発生場所の詳しい震度などが表示される。

同じHi-netの自動処理震源マップで、
日本全国の広域、最新30日間の震央分布図
のリンクも以下に貼る。↓

ただし繰り返しになるが、参考程度にしかならない。

その理由は「 この場所に、この大きさの地震が
何時何分に起きたから巨大地震が来る前兆です 」
などとは言い切れないからだ。

本当に、しつこくて申し訳ないが当記事で
あなたに提供できる資料は「 観測データ 」
のみなので、この最新情報から地震の予知を
行うのは、あなた自身の自由である。

スポンサードリンク


大気中の潜熱の気温変化で巨大地震は予知できるか

2011年3月11日に起きた東日本大震災の
前の3月8日以降、東北上空に位置する大気の
熱エネルギーに変化が現れていた。

岩盤の地割れのクラックから発生する、
ラドンガスに拠って大気中のチリなどが
電気を帯び、それが核となって水蒸気が
水滴に変化する事で「 潜熱 」が発生するが
この潜熱こそが熱エネルギーの正体である。

水蒸気は雲でもあるが潜熱は、あくまでも
ひとつの指標でしかないので、参考程度にしか
ならないだろう。

また季節に拠っても当然、夏は大気の気温は
高めで厚いし、冬は低めで寒くなる。

いつもは台風の進路の視認で使っている
Windyty 」の気温のリアルタイム概況の画像だ。

自動更新で常に最新の画像がリアルタイムで
表示されるので重宝するに違いない。

ただし、大気中の気温を随時リアルタイムで
確認できても「 何°C以上になると危険
だとかいう明確な定義は無いので注意されたい。

巨大地震の予知が出来るなら気象庁が予報している

 さて、本稿で「 巨大地震を予知する為の
前兆をリアルタイム観測データで予測する 」と、
つらつらと述べてきたが、冒頭でも申し上げた
様に「 完全な地震予知は無理 」だという事が
結論になる。

つか、もともと地震の予知が出来るのなら
とっくのとうに気象庁【 JMA 】が始めてる。

ところが実際は、2019年1月19日現在でも
「 地震予報 」なんて情報を毎日出してはいない。

「 緊急地震速報 」はYAHOO!防災アプリで
有るが日常的にではなく、非常時のみである。↓

別に責任逃れするわけではないが、本稿の
趣旨は「 あなたの判断に委ねる 」という事だ。

不肖この私め自身は「 いつ巨大地震が来るか? 」
という予知は、「 神のみぞ知る 」と思って
いるので、人間の叡智では自ずと限界がある。

本稿で提供させて頂いた、数々の観測データを
基に将来くるであろう巨大地震の予知および
予測に、お役立て頂けると幸いである。^^

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


記事ランキング

krosa NO1

第1位 台風10号クローサ2019たまごの進路予想図と最新情報は

 台風12号ポードルの卵らしき熱帯低気圧がフィリピン海の東、 グアム島の南に発生したので、詳しい位置や今後の進路予想図を。↓ 台風8号が宮崎県に上陸し、台風9号も台湾方面に北上を続ける中、 台風10号 […]

記事の続きを読む
imadoko NO2

第2位 箱根駅伝2019年1月3日の先頭集団は今どこ?

 2019年1月3日に行われている第95回の、 箱根駅伝の復路の先頭集団は今どこに居るのか? 先頭の1位は東海大学だが、2位の東洋大学とは かなりの差が開いているので、もしかして 悲願の初優勝なるか? […]

記事の続きを読む
takeyama-rie NO3

第3位 竹山修身市長の次女は誰?堺市長の政治資金収支報告書を作成か

 2019年4月22日に、大阪府泉北の堺市長、 竹山修身( たけやまおさみ )市長【 68 】が、 「 自らの資金管理の不備の責任を取り 」、 堺市議会の山口典子議長【 59 】に30日付けで 辞職願 […]

記事の続きを読む
ブログ運営者情報のプロフィール

 初めまして!小松と申します♪ 私はトラック運転手の仕事に就いてから足掛け13年目で退職し、プロブロガーに転身しました。ここ茨城から、世界に先駆けて世の中の最新ニュースやエポックメイキングな情報を発信し続けてまいります。ご意見やご要望、時にはお叱りなども、ございましたら遠慮なく、お問い合わせを頂ければと思います♪^^

プロフィールの続きを読む
カテゴリー

最新投稿5記事

peipah 台風16号たまご卵の米軍とヨーロッパ予報の進路予想図と最新情報 chiba 千葉県の停電地域の場所の地図!9月16日現在はどこ? zozo ZOZOゾゾ前澤友作社長の退任理由はなぜ?3つのわけが判明! water-supply 千葉県の断水情報と給水所の場所はどこかの地図9月12日現在 abe-cabinet 速報!第4次安倍再改造内閣メンバー内定2019年の顔ぶれは誰?
    Google【 グーグル 】プライバシーポリシー表記

     Google等の第三者配信事業者が、
    クッキー[ Cookie( ブラウザの閲覧ごとに各々の端末に保存される小さなファイル )]を使用してユーザーで有るあなたに、当「 茨城瓦版 」や他のウェブサイトに過去にアクセスした際の情報に基づいて広告を配信します。

     Googleが広告のクッキーを使用することに拠りユーザーであるあなたが、そのサイトや他のサイトにアクセスした際の情報に基づいGoogleや、そのパートナーが適切な広告をユーザーである、あなたに表示できます。

     あなたは、WEB用デジタル・アドバタイジング・アライアンスの消費者選択ツールにアクセスすれば、パーソナライズ広告に使われる第三者配信事業者のCookieを無効に出来ます。

     第三者配信事業者や、広告ネットワークの配信する広告が、当サイト「 茨城瓦版 」に掲載されます。

     対象となる第三者配信事業者や、広告ネットワークの適切なウェブサイトへのリンクを掲載します。

    http://optout.aboutads.infoに、
    アクセスすれば第三者配信事業者が、パーソナライズド広告の掲載で使用するCookieを無効に出来る事を、ここに明示します。

     以上。