台風4号2019米軍JTWCの進路予想図は九州豪雨の原因にも!

ここ茨城から瓦版で、あなたへ情報発信♪

ここ茨城から瓦版で、あなたへ情報発信♪

ニュースサイトには無い情報を探るのが瓦版のモットー

ここ茨城から瓦版で、あなたへ情報発信♪ TOP  >  天気予報 , 台風情報  >  台風4号2019米軍JTWCの進路予想図は九州豪雨の原因にも!

台風4号2019米軍JTWCの進路予想図は九州豪雨の原因にも!

mun

 気象庁でも予報を出してきた台風4号の、
たまごがフィリピン海の海上で発生し勢力を増しながら、
南シナ海の方角に北上して、海南省に近づいている。

令和初の台風である台風3号は、温帯低気圧に
なって消滅したが、早くも4号のムーン[ mun ]の
進路予想図を米軍JTWCの合同台風警報センターが
最新情報で公開しているので、シェアしていきたい。

2019年7月に発生した台風6号ナーリーは、
まだ熱帯低気圧の状態にあるが、米軍JTWCの
進路予想図の最新情報は以下の記事から。↓

台風4号2019米軍の最新情報で進路予想図は

 米軍JTWCは、フィリピン海で発生した台風4号の
たまごが今後、発達しながら北北西の方角に
向かって進んでいる最新情報の進路予想図を
日本の気象庁よりも、いち早く公開してきた。

mun
mun

【 引用ここまで↑出典:公式サイト米海軍・海軍気象や海洋学コマンド 】

上の画像が最も新しい米軍の進路予想図で、
下の画像が2回目の警告の画像だが、台風4号の進路が
台湾直撃ではなく、大きく西に逸れて中国の海南省から
ベトナムに向けて上陸する方角に変わった。

2日の午前3時現在( JST )の台風4号の存在位置は
北緯17.8°N、東経113.3°Eとなり、以下に地図で示す。↓

沖縄県糸満市の南端の佐多岬からは、約2,284キロ
南西方向の南シナ海の海上に有ることが分かる。

令和初の台風3号では、なかなか進路予想図の情報が
更新されなかったので、気象庁の情報が先行していたが
今回は米軍の、最新情報が最速である。

2019年7月3日の時点での台風4号の進路予想図は
ほぼ北東方向に移動して3日前後に海南省とベトナムに
上陸となる予報画像を公開している。

熱帯低気圧から台風4号に成長したムーンは、
日本から遠く離れているが、湿暖気流を送る事が原因で
梅雨前線を刺激し、九州地方南部の豪雨を降らせている

スポンサードリンク


台風4号2019米軍の最新情報でテキスト文は

 台風4号の米軍の最新情報の進路予想図は、
29日の時点では、台湾に向かっているが今後は
進路や最大風速などが変動する可能性もある。

台風4号トロピカル・デプレッション説明文 」より引用↓

mun

【 引用ここまで↑出典:米軍JTWC 】

 上の米軍情報で、台風4号ムーンの英語の説明文は
第二回目の警告文となっている。

トロピカル・デプレッションの意味は、最大風速が
毎秒17m/s未満で、気象庁の定義では台風に満たない
熱帯低気圧の状態であることを示している。

2019年6月29日の午前9時( JST換算 )の
台風4号の位置は北緯が14.1°N、東経が132.2°E
なので、割り出した位置をGoogle地図で示す。

沖縄県糸満市の南端の荒崎海岸から
約1,412キロ南南東の位置に、たまごがある。

今はまだ台風に成長していないので、気象庁も
予報を出していないが、今後は成長していき
7月2日と3日の辺りで最大風速が毎秒26.2m/sに
発達する米軍の、#2回目の警告文となっている。

さらに、2日の夜9時( 日本標準時 )には、
沖縄県の嘉手納飛行場から727.8キロ( 393海里 )
の距離にまで台風4号が接近する予報となっている。

まだ、2回目の警告文なので今後はまた
米軍の最新情報が更新される度に変わる可能性も
十分にありうるので、油断は出来ない。

スポンサードリンク


台風4号の情報で日本の気象庁と米軍との比較

 日本の気象庁でも、ようやく令和元年の7月2日になって
2019年の台風4号ムーンの気象予報を公開してきた。

mun

気象庁公式ホームページ「 台風情報( 台風経路図 )」
[ https://www.jma.go.jp/jp/typh/index.html ]を、
瓦版茨城のブログ運営者が加工して作成した。

大型の台風ではあるが、最大風速は毎秒18m/sと
気象庁が台風と定める17m/sに、ギリギリ到達している。

< 04日06時の予報 >
強さ –
存在地域・トンキン湾
予報円の中心
北緯20度25分( 20.4度 )
東経107度30分( 107.5度 )
進行方向、速さ・西北西10km/h( 6kt )
中心気圧・992hPa
最大風速・18m/s( 35kt )
最大瞬間風速・25m/s( 50kt )
予報円の半径・90km( 50NM )

【 引用ここまで↑出典:気象庁 】

上記引用の座標からは、7月4日の午前6時の
台風4号の予想進路図は、北緯20.4°N、東経107.5°E
となり、存在場所がどこかをGoogleマップで表すと
以下の地図になる。↓

沖縄県の糸満市の最南端の海岸からは、
2,151キロ西南西の位置に進んでいることになる。

台風4号から日本への影響は無いのかと思いきや、
暖湿気( 暖かく湿った空気のこと )を送り込んで
来るので、梅雨前線が活発になり、九州地方への
大雨を降らしている原因にも、なっているのだ。

台風4号の最新情報を常に自動更新するWindy

 精度が高いと評判のヨーロッパ中期予報センターの
気象データを元に作成されたWindy( ウィンディー )は
常に自動更新で台風4号ムーンの進路予想図を動く
画像にて確認できるので、とても重宝している。↓

米軍の台風情報を比較しても、日本列島に
台風4号が襲来する進路予想図は、今のところは
示してないが、今後は変わる可能性が十分ある。

2019年6月26日の熱帯低気圧の位置と海面水温

 Global Forecast System( NOAA )の
気象データを元にして作られているアニメーションで
気象状況が見れるサイトが、「 Earth Wind Map 」。

Earth Wind Map 」より引用↓

mun

【 引用ここまで↑出典:earth 】

上の気象画像は、2019年6月29日の午後6時
時点の風の気流を表したもので今後、台風4号の発達すると
米軍が予測している熱帯低気圧の位置を表している。

目の中心位置が北緯14.78°N、東経が131.07°Eで、
存在する場所をGoogleマップ以下に示す。↓

沖縄家の糸満市の荒崎海岸から約1,304キロ
南南東のフィリピン海の海上にある。

では次に、同様のアースで海水の温度を見てみる。↓

海面の水温 」より引用↓

【 引用ここまで↑出典:earth 】

令和元年6月29日現在の熱帯低気圧の
海面の水温は29.7°Cであるが、この水温は何を意味するのか?

台風と海水温の関係 」より引用↓

熱帯から亜熱帯海域の暖かい海上( 海面水温が26.5℃以上 )で、
台風は発生するといわれています。

高い海面水温は、熱帯で形成される弱い渦を最大風速~17m/s以上の
台風へと強化するのに好都合な海の環境といえます。

しかし海面水温が26.5℃以上の海域では、すべての弱い渦が
台風へと強化されるわけではありません。

【 引用ここまで↑出典:気象庁・気象研究所 】

海面水温が26.5°C以上で、台風が発生しやすい条件が
整っているが、必ずしも台風に発達するわけではない。

しかし米軍の台風情報では、今後発達する
進路予想図を公開しているので警戒が必要である。

台風4号に変わったら、名前はムーン[ mun ]となり
意味は「 6月 」なので、まさに今月と一致する。

現時点では台湾の方角に向かう進路予想図あので
沖縄県は暴風域には入らないが、今後の予報が
変わる可能性は十分にあるので、今後の
台風情報には、引き続き注意されたい。

スポンサードリンク


台風4号から出る湿暖気流が九州の豪雨の原因

 本稿の別記事でも書いたが、熱帯低気圧から
台風4号に発達したムーンは、「 湿暖気流 」に
よって2,000キロ以上も遠く離れた日本の九州の
南部の鹿児島県などに、豪雨を降らせている。↓

気象庁は、鹿児島県だけで土砂災害の警戒区域を
発表したが、大雨は7月3日も降り続いている。

実は九州地方の大雨の原因は、台風4号から発せられる
湿暖気流( 暖かく湿った空気 )によって、
日本の南に停滞している梅雨前線が刺激され、
活発になったことで「 線状降水帯
( 活発な雨雲が線状に連なること )が発生したからだ。

米軍JTWC Tropical Warnings 」より引用↓

mun

【 引用ここまで↑出典:米軍合同台風警報センター 】

台風4号自体は大型ではありながらも、勢力は
それほど強くなく、かつ日本からかなり離れているが
それでも九州地方に大雨を降らせるのである。

3日の時点では、まだまだ温帯低気圧に変わる
見込みはなく、しばらく有るので湿暖気流の影響は
消えそうにはない。

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


記事ランキング

mitag NO1

第1位 台風18号2019年の米軍JTWCとヨーロッパ予報の進路予想図

 2019年9月28日に台風18号ミートク[ mitag ]が発生したので、米軍JTWCと ヨーロッパ中期予報センターおよび気象庁の進路予想図を分かりやすく解説する! 気象庁の発表では、減衰した台風第 […]

記事の続きを読む
krosa NO2

第2位 台風10号クローサ2019たまごの進路予想図と最新情報は

 台風12号ポードルの卵らしき熱帯低気圧がフィリピン海の東、 グアム島の南に発生したので、詳しい位置や今後の進路予想図を。↓ 台風8号が宮崎県に上陸し、台風9号も台湾方面に北上を続ける中、 台風10号 […]

記事の続きを読む
water-supply NO3

第3位 千葉県の断水情報と給水所の場所はどこかの地図9月12日現在

 2019年9月12日も台風15号が上陸した千葉県を中心に停電による 大規模な断水が続いているが、最新情報と給水所の場所がどこかを地図で示す。 【 本稿の記事ページの目次 】  1. 南房総市の12日 […]

記事の続きを読む
ブログ運営者情報のプロフィール

 初めまして!小松と申します。私はトラック運転手の仕事に就いてから足掛け13年目で退職し、プロブロガーに転身しました。ここ茨城から、世界に先駆けて世の中の最新ニュースやエポックメイキングな情報を発信し続けてまいります。ご意見やご要望、時にはお叱りなども、ございましたら遠慮なく、お問い合わせを頂ければと思います♪^^

プロフィールの続きを読む
カテゴリー

最新投稿5記事

fung-wong 台風27号2019年のアメリカ軍とヨーロッパ予報の進路予想図 isejingu 天皇陛下の伊勢神宮ご訪問ご参拝2019年の交通規制区間の地図 demo 香港理工大学の場所がどこかをGoogle地図で表示する mdma-lsd 沢尻エリカ容疑者が所持していた合成麻薬の種類MDMAとは? kalmaegi 台風26号2019年のアメリカ軍とヨーロッパ予報の進路予想図
    Google【 グーグル 】プライバシーポリシー表記

     Google等の第三者配信事業者が、
    クッキー[ Cookie( ブラウザの閲覧ごとに各々の端末に保存される小さなファイル )]を使用してユーザーで有るあなたに、当「 茨城瓦版 」や他のウェブサイトに過去にアクセスした際の情報に基づいて広告を配信します。

     Googleが広告のクッキーを使用することに拠りユーザーであるあなたが、そのサイトや他のサイトにアクセスした際の情報に基づいGoogleや、そのパートナーが適切な広告をユーザーである、あなたに表示できます。

     あなたは、WEB用デジタル・アドバタイジング・アライアンスの消費者選択ツールにアクセスすれば、パーソナライズ広告に使われる第三者配信事業者のCookieを無効に出来ます。

     第三者配信事業者や、広告ネットワークの配信する広告が、当サイト「 茨城瓦版 」に掲載されます。

     対象となる第三者配信事業者や、広告ネットワークの適切なウェブサイトへのリンクを掲載します。

    http://optout.aboutads.infoに、
    アクセスすれば第三者配信事業者が、パーソナライズド広告の掲載で使用するCookieを無効に出来る事を、ここに明示します。

     以上。