PHPバージョンアップで不具合が起きた原因と対策法

ここ茨城から瓦版で、あなたへ情報発信♪

ここ茨城から瓦版で、あなたへ情報発信♪

ニュースサイトには無い情報を探るのが瓦版のモットー

ここ茨城から瓦版で、あなたへ情報発信♪ TOP  >  WordPress  >  PHPバージョンアップで不具合が起きた原因と対処法

PHPバージョンアップで不具合が起きた原因と対処法

php

スマホ画面でエラー表示が発生[ php ]

先日、当瓦版茨城を含むWordPressで
3サイトのデータベースが保管してある
契約先のレンタルサーバー2社それぞれの
PHPバージョンを最新のものに更新した。

すると、自宅PC上では現れなかった
当ブログのバグ表示がモバイルのスマホ画面、
【 SONY EXPERIA-J1 】のヘッダー画面上部に
TOP画像のエラー表示が発生していたのである!

Warning:A non-numeric value
encountered in /home/◯◯◯◯◯◯/
takenori.info/content/plugins/
wassup/wassup.php/on line 1851 」

コチラはX-serverPHPバージョンを
最新のものに更新した影響で現れた模様。

version-up

少し調べれば最新バージョンの
数字は分かるがセキュリティー・ホール
【 防御の穴 】が、どのバージョンにも
存在するので表記は差し控えさせて頂いた。

バージョンUPを行うことのメリットは大きく、
サイト表示の高速化を始めとする
大幅なパフォーマンスの向上が見込めるので、
変更を行った次第。

エラー表示は、この後に現れたので
間違いなく契約しているXサーバーの
PHPのバージョンアップに伴う影響に拠る
エラー表記で有ることには変わらない。

しかし、この様なエラー表記は実に
あっけなく消すことが出来申した。

さて、あなたがこれと同じような
エラー表示が出てしまったのであれば、
直るかも知れない方法を提示させて頂く。

  • TOP画像の様なエラー表示が出てしまい困った
  • PHPバージョンアップしたらエラー表示になった
  • モバイルでのエラー表示の意味が分からない
  • 自宅PCでは出ないのにスマホ端末では出る
  • このエラー表示を消す方法が知りたい

これらの解決策は実に単純な方法で
エラー表示を消すことが出来た。

その詳細な方法を次章から図解付きで
あなたに、お伝えして参る所存。

WassUpのプラグインを削除したら消えた

 解決策はタダ1つ。

流入ユーザー数などデータ計測用のプラグイン
WassUpを削除するだけで消えた 」のである!

しかし勿論、WassUpを残したまま削除せずに、
エラー表示だけを消せる方法は無いものかと
ググって、ぐぐってGoogleりまくって
何とかならないものかと悪戦苦闘した。

結論から言うと解決策を説明するサイトの数が
異様に少ないのと、そのサイトの中身を見ても
.php拡張子などの「 特定のプログラミングの知識 」が
有る人間で無いと、意味がチンプンカンプンで
さっぱり訳分かめ…なのだ。

しかして、この戦闘記も備忘録として
後ほどで説明するが、結論はプラグインWassUpの
「 削除 」と、もう1つの作業で消す事が出来た。

おそらく停止だけでは消えないかと思うので
削除で、やって頂くしか無いのだが実は
これだけの作業では消えずに、更新の
【 F5 】キーを押しても、しぶとく
エラー表示が残っているのである。

FTP( ファイル転送ソフト )の
FileZilla( ファイルジラ )で確認しても、
「 WazzUp 」のプラグインは削除されている。↓

piugins

だが実は、もう1つ大切な作業が残っていたのである。

スポンサードリンク


ブラウザ・キャッシュで正常に直った

 スマホでエラー表示されていたバグを直した
最後の一手がWordPressでは定番の
キャッシュ系プラグインの使用だった。↓

cash

不肖この私めは「 WP Fastest Cache 」
なる物を使っているが、これですべてのキャッシュ
【 データの蓄積 】をクリアーしてから、
スマホ側で「 更新 」すると、エラー表示が
物の見事に消えてくれたのである♪ ↓

site

では、そもそも現金ではない「 ブラウザ・キャッシュ 」
とは一体何を指して言うのだろうか?

( 以下「 オリックス銀行 」から引用 )↓

「 キャッシュ 」とは、ブラウザなどが表示した
ウェブページのデータを一時的に
コンピューターに保存する機能です。

次に同じページにアクセスしたときに、
インターネット上のデータではなく、
保存されたデータを参照するため、
すばやく表示できます。

( 引用ココまで )↑

「 蓄積されたデータ 」をキャッシュと言い、
これを削除するのが、キャッシュ系の
プラグインなわけ。

先に私めはWP Fastest Casheを
使用していると綴ったが、実はWordPress初心者には
これが一番、安全なキャッシュ系の
プラグインでは無かろうかと思うのだ。

不肖この私めも有料版で使用させて
頂いているが、最初は無料版で十分である。

キャッシュ系のプラグインは他にも
「 W3 total Cache 」や「 WP Super Cache 」などが
有るのだが、初心者が使いこなすには難しく、
画面が真っ白( ホワイトアウト )になる事例も
報告されている。

プラグインの種類は、さて置き
TOP画像のエラー表示が出たら
指定されたプラグインの削除と
ブラウザキャッシュで、この表記は消える。

それでは、このエラー表示を
指定されたプラグインを消さないで、
修正できる方法は無いものか?

次章では高度な知識の無い不肖この私めが
ダメ元で果敢に挑んだ奮闘記である。

結果から申せばphp記法の記述が難しくて、
ややこしく上手くは行かなかったという報告を
先に、させて頂く。

エラー表示の意味を読み記述を修正

 それでは先程もお伝えした、
このエラー表記の意味を解説しよう。

「 Warning:A non-numeric value
encountered in /home/◯◯◯◯◯◯/
takenori.info/content/plugins/
wassup/wassup.php/on line 1851 」

つまり、インストールされているプラグインWassUpの
.phpの記述の1851行目の記述に問題がある
というエラー表示なのである。

Warning( 警告 )は、すぐに修正しないと
致命傷になる、という物では無いらしいが
このまま放置ではユーザビリティも良くなく、
当サイトへのGoogleの評価も落ちてしまう。

ググって調べた所、今までのPHPバージョンでは
問題視されなかった記述のエラーが
最新のPHPバージョンアップに変更したことで
エラーになっています、と言うもの。

この記述自体が私めが、よくわからない関数の事らしく
本来入るべき場所に( int )か( float )の
文字を入れないと駄目らしい。↓

そこで、まずは「 プラグイン⇒ プラグイン編集
⇒ 右側のWassUp.php 」の編集画面を開き、
そこの1851行目を開かなくてはならない。

wassup.php

いちいち一行一行、探していても日が暮れるので
一旦、.php編集画面を全文コピペして、
メモ帳へ移す。

そしてメモ帳の「 表示タブ ⇒ スターテスバー( s ) 」
で右下に行数が出る様に、する。↓

wass-up1851

これで、問題の行が出てきた訳だが
必ずしも、この行とは限らないとのこと。

この辺りで本当の当該行を探し当てるには
専門知識が必要になるが、まぁこれで修正を試みてみる。

問題の1851行目の$直前の関数に
( int )か( float )の記述が無いのが
エラー表示の原因だと言うので、ここに
付け足してから「 ファイルを更新 」する。↓

php-int

結果、何も変わらずという事なので
いずれWassUpの作者が、このプラグインを
PHPの最新バージョンに更新して頂ければ、
この様な不具合も無くなるのかも知れない。

これ以上は、いまの私めの実力では
お手上げ状態なのであるがWassUpを削除しても、
Googleアナリティクスでアクセス解析は
出来るので問題は無い。

スポンサードリンク


Newpost-Catchプラグインの警告表示を消す

 お次は「 Newpost Catch 」プラグインの
XサーバーのPHPバージョンアップに伴う
ヘッダー画像上の「 警告表示の修正 」。

warning

実はこれ↑、先に説明したWassupの
警告表示よりも先に自宅パソコンの
ブラウザ【 chrome 】でバージョンアップした直後、
すぐに出現しやがったのである!

↑の画像自体はキャプチャ撮りしたもの
ではなく、後から記憶を辿ってアイコラで
作成したものだが、ほぼイメージ通りの
警告表示が出ている画像と一致する。

ググったら、どうもNewpost Catchの
プラグイン内の.phpソースコードの関数が原因だという。↓

所でWordPressプラグインNewpost Catchとは
いったい何のためのツールなのか?

WordPressにデフォルトで実装されている
サイドバーに表示される「 最近の投稿 」一覧に
サムネ画像を表示させる事が出来る
プラグインなのである。↓

NewPost-Cache

で、問題ァこの警告表示を
どの様に消し去るかである。

上記に貼ったリンクのサイトでは
Newpost-catch/class.phpのテーマ編集画面内の
41行目でバージョンアップに拠って関数が
エラーとなる警告表示が現れるのだとしている。

PHPソースコード記述の関数とか言われても、
あまり頭の良くない不肖この私めは、
まるで理解不能なのだが取り敢えず、
41行目のPHPソースコードの記述を
指示通りに変えてみる事に。↓

( 以下「 なにごとも経験 」から引用 )↓

$options[$key] = $val[‘css’][‘active’];41
この41行目のソースコードを↓
$options[$key] = isset($val[‘css’][‘active’]) ? $val[‘css’][‘active’] : ”;
に変更すると修正できる( 読者様からの投稿とのこと )

( 引用ココまで )↑

newpost-catch

図にまとめると上の様な感じになるが、
これは上手く行って警告表示は
物の見事に消えてくれた♪^^

記事の投稿者には大感謝!
感謝カンゲキ雨嵐!!であるが、
「 検索ユーザーの悩みを解消する有益な価値のある情報 」
とは、まさにこれである。

PHPバージョンアップまとめ編集後記

 今回は契約先のレンタルサーバーの
最新PHPバージョンの変更に拠って発生した
プラグインWassUpとNewpost Catchの
エラー表示を消す方法を解説させて頂いた。

こういう面倒なことが発生しても、
PHPのバージョンアップは行ったほうが良い。

先にも述べたように処理速度の高速化、
パフォーマンスの大幅な向上が見込め、
ページスピードの表示が早くなる等の
メリットが見込めるからである。

ただし念には念を入れて「 バックアップ 」を
取っておく事だけはオススメする。↓

幸いにも今回は3サイトすべて
最新バージョンに更新してもWordPressは
消滅しなかったが、万が一にもそうなった場合に、
悔やんでも悔やみきれないからだ。

では、今回の記事をまとめると…

  • PHPでバージョンアップしたらエラー表示が出た。
  • モバイルでのエラー表示を消す方法
  • プラグインの削除とキャッシュ・クリアが鍵
  • WassUpを残したままの状態では消せず終い
  • キャッシュ系のプラグインはファステトキャッシュ

という感じで、あろうか。

以上、あなたの参考になれば幸いである。^^

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


記事ランキング

krosa NO1

第1位 台風10号クローサ2019たまごの進路予想図と最新情報は

 台風12号ポードルの卵らしき熱帯低気圧がフィリピン海の東、 グアム島の南に発生したので、詳しい位置や今後の進路予想図を。↓ 台風8号が宮崎県に上陸し、台風9号も台湾方面に北上を続ける中、 台風10号 […]

記事の続きを読む
imadoko NO2

第2位 箱根駅伝2019年1月3日の先頭集団は今どこ?

 2019年1月3日に行われている第95回の、 箱根駅伝の復路の先頭集団は今どこに居るのか? 先頭の1位は東海大学だが、2位の東洋大学とは かなりの差が開いているので、もしかして 悲願の初優勝なるか? […]

記事の続きを読む
takeyama-rie NO3

第3位 竹山修身市長の次女は誰?堺市長の政治資金収支報告書を作成か

 2019年4月22日に、大阪府泉北の堺市長、 竹山修身( たけやまおさみ )市長【 68 】が、 「 自らの資金管理の不備の責任を取り 」、 堺市議会の山口典子議長【 59 】に30日付けで 辞職願 […]

記事の続きを読む
ブログ運営者情報のプロフィール

 初めまして!小松と申します♪ 私はトラック運転手の仕事に就いてから足掛け13年目で退職し、プロブロガーに転身しました。ここ茨城から、世界に先駆けて世の中の最新ニュースやエポックメイキングな情報を発信し続けてまいります。ご意見やご要望、時にはお叱りなども、ございましたら遠慮なく、お問い合わせを頂ければと思います♪^^

プロフィールの続きを読む
カテゴリー

最新投稿5記事

peipah 台風16号たまご卵の米軍とヨーロッパ予報の進路予想図と最新情報 chiba 千葉県の停電地域の場所の地図!現在はどこ? zozo ZOZOゾゾ前澤友作社長の退任理由はなぜ?3つのわけが判明! water-supply 千葉県の断水情報と給水所の場所はどこかの地図9月12日現在 abe-cabinet 速報!第4次安倍再改造内閣メンバー内定2019年の顔ぶれは誰?
    Google【 グーグル 】プライバシーポリシー表記

     Google等の第三者配信事業者が、
    クッキー[ Cookie( ブラウザの閲覧ごとに各々の端末に保存される小さなファイル )]を使用してユーザーで有るあなたに、当「 茨城瓦版 」や他のウェブサイトに過去にアクセスした際の情報に基づいて広告を配信します。

     Googleが広告のクッキーを使用することに拠りユーザーであるあなたが、そのサイトや他のサイトにアクセスした際の情報に基づいGoogleや、そのパートナーが適切な広告をユーザーである、あなたに表示できます。

     あなたは、WEB用デジタル・アドバタイジング・アライアンスの消費者選択ツールにアクセスすれば、パーソナライズ広告に使われる第三者配信事業者のCookieを無効に出来ます。

     第三者配信事業者や、広告ネットワークの配信する広告が、当サイト「 茨城瓦版 」に掲載されます。

     対象となる第三者配信事業者や、広告ネットワークの適切なウェブサイトへのリンクを掲載します。

    http://optout.aboutads.infoに、
    アクセスすれば第三者配信事業者が、パーソナライズド広告の掲載で使用するCookieを無効に出来る事を、ここに明示します。

     以上。