パスポートのビザなしで渡航できる190ヶ国の名前は?

ここ茨城から瓦版で、あなたへ情報発信♪

ここ茨城から瓦版で、あなたへ情報発信♪

ニュースサイトには無い情報を探るのが瓦版のモットー

ここ茨城から瓦版で、あなたへ情報発信♪ TOP  >  国際情勢 , 観光地 , 行政機関の利用方法  >  パスポートのビザなしで渡航できる190ヶ国の名前は?

パスポートのビザなしで渡航できる190ヶ国の名前は?

visa

 2018年10月9日に、英ヘンリー&パートナーズ社が
まとめたパスポートの世界ランキングが発表され、
日本で発行されるパスポートがビザなしで行ける
国の数が190ヶ国となり、遂に世界第1位となった。

日本のパスポートでビザなしで渡航できる190の国名

 いわゆる「 ビザなし 」で入国できる
国の数が190ヶ国となった日本のパスポート
( 旅券であり公文書でもある )が、2位の
189ヶ国のシンガポールを抜いて世界最強と
なれた理由は、日本民族への高い信頼の
証しでもあるという。

「 Henley-Passport-Index2018 」のデータ集計は、
イアタ( 国際航空運送協会:IATA )からの指標に基づく。

いわゆるビザ[ visa ]とは「 査証 」と呼ばれ、
他国が自国への入国を許可する証明書だ。↓

visa

ビザは普通、パスポートの中に入っており
渡航先の国の大使館や領事館で発行される
仕組みになってはいるが、わざわざ行った
覚えがないので空港で代理手続きが行われたのだろう。

それにしても「 世界のパスポートランキング表 」
をコピペしたサイトは多く見るが、肝心要の
「 日本がVISAなしで渡航、入国できる190の
国名 」を書き記したブログ記事が、なかなか
見当たらないので本稿にて作成してみた。

前置きは、このくらいにして早速ビザなしでも
渡航できる190ヶ国の名前の一覧
を以下に記す。

( )内は許可された滞在期間を表しているが、
あくめでも目安でしか無いので参考までに。↓

  • アジア
    1. バングラデシュ人民共和国( 到着ビザ )
    2. ブルネイ国家( 14日 )
    3. カンボジア王国( 到着ビザ )
    4. 中華人民共和国( 15日 )
    5. 香港( 中国SAR )中華人民共和国香港特別行政区
    6. インド:指定空港でのみアライバル到着ビザの発給
      • 60日間インターネットでeビザを申請可能
      • eビザ保有者は26の指定空港か3の指定港を経由が条件
      • インドのe観光ビザは1年に2回しか取得できない
      • アライバル( 到着 )ビザが認めらている空港の一覧
        • バンガロール
        • チェンナイ
        • デリー
        • ハイデラバード
        • コルカタ
        • ムンバイ
    7. インドネシア共和国( 30日 )
    8. カザフスタン共和国( 30日 )
    9. キルギスタン( 60日 )
    10. ラオス人民民主共和国( 15日 )
    11. マカオ( 中国SAR )中華人民共和国マカオ特別行政区
    12. マレーシア( 90日 )
    13. モルディブ共和国( 到着時のビザ:30日 )
    14. モンゴル( 30日 )
    15. ミャンマー連邦共和国:ビルマ( 90日 )
    16. ネパール連邦民主共和国( 到着時のビザ:90日 )
    17. フィリピン共和国( 30日 )
    18. シンガポール共和国( 30日 )
    19. 大韓民国( 90日 )
    20. スリランカ民主社会主義共和国( 到着時のビザ )
    21. 台湾( 中華民国 )90日
    22. タジキスタン共和国( 到着時のビザ )
    23. タイ王国( 30日 )
    24. 東ティモール民主共和国( 到着時のビザ )
    25. ウズベキスタン共和国( 30日 )
    26. ベトナム社会主義共和国( 条件付きで15日間 )
      • パスポートの有効期限が6ヶ月以上残っている
      • 15日以内にベトナム出国の往復航空券か第3国への航空券を所持
      • 30日以内のベトナム再入国では無いこと
      • 入国禁止の対象者では無いこと
  • ヨーロッパ
    1. アルバニア共和国( 90日 )
    2. アンドラ公国
    3. オーストリア共和国( 6ヶ月 )
    4. ベラルーシ共和国( 30日 )
    5. ベルギー王国( 90日 )
    6. ボスニア・ヘルツェゴビナ( 90日 )
    7. ブルガリア共和国( 90日 )
    8. クロアチア共和国( 90日 )
    9. キプロス共和国( 90日 )
    10. チェコ共和国( 90日 )
    11. デンマーク王国( 90日 )
    12. エストニア共和国( 90日 )
    13. フェロー諸島
    14. フィンランド共和国( 90日 )
    15. フランス共和国( 90日 )
    16. ドイツ連邦共和国( 90日 )
    17. ジブラルタル
    18. ギリシャ共和国( 90日 )
    19. グリーンランド
    20. ハンガリー( 90日 )
    21. アイスランド( 90日 )
    22. アイルランド共和国( 3ヶ月 )
    23. コソボ共和国
    24. ラトビア共和国( 90日 )
    25. リヒテンシュタイン公国( 90日 )
    26. リトアニア共和国( 90日 )
    27. ルクセンブルク大公国( 90日 )
    28. マケドニア共和国( 90日 )
    29. マルタ共和国( 90日 )
    30. モルドバ共和国( 90日 )
    31. モナコ公国
    32. モンテネグロ( 90日 )
    33. オランダ( 90日 )
    34. ノルウェー王国( 90日 )
    35. ポーランド共和国( 90日 )
    36. ポルトガル共和国( 90日 )
    37. ルーマニア( 90日 )
    38. サンマリノ共和国
    39. セルビア共和国( 90日 )
    40. スロバキア共和国( 90日 )
    41. スロベニア共和国( 90日 )
    42. スペイン王国( 90日 )
    43. スウェーデン王国( 90日 )
    44. スイス連邦( 90日 )
    45. ウクライナ( 90日 )
    46. イギリス連合王国・北アイルランド( 6ヶ月 )
    47. バチカン市国
  • アフリカ
    1. ペナン州( 到着時にアライバル・ビザ取得 )
    2. ボツワナ共和国( 90日 )
    3. カーボベルデ諸島( 到着時アライバル・ビザ取得 )
    4. コモレス諸島( 到着時アライバル・ビザ取得 )
    5. ジブチ共和国( 到着時アライバル・ビザ取得 )
    6. エジプト・アラブ共和国( 到着時アライバル・ビザ取得 )
    7. エチオピア連邦民主共和国( 到着時アライバルビザ取得 )
    8. ガボン共和国( 到着時アライバル・ビザ取得 )
    9. ギジアビサウ共和国( 到着時アライバル・ビザ取得 )
    10. ケニア共和国( 到着時アライバル・ビザ取得 )
    11. レソト王国( 90日 )
    12. マダガスカル共和国( 到着時アライバルビザ取得 )
    13. マラウイ共和国( 到着時アライバルビザ取得 )
    14. モーリタニア・イスラム共和国( 到着時アライバルビザ取得 )
    15. モーリシャス共和国( 90日 )
    16. マヨット
    17. モロッコ王国( 3ヶ月 )
    18. ナミビア共和国( 3ヶ月日 )
    19. モザンビーク( 到着時アライバル・ビザ取得 )
    20. ラ・レユニオン( フランス )
    21. ルワンダ共和国( 到着時アライバル・ビザ取得 )
    22. サントメ・プリンシペ民主共和国( 15日間 )
    23. セネガル共和国( 90日 )
    24. セーシェル共和国( 到着時アライバル・ビザ取得 )
    25. ソマリア連邦共和国( 到着時アライバル・ビザ取得 )
    26. 南アフリカ共和国( 90日 )
    27. セントヘレナ( 到着時アライバル・ビザ取得 )
    28. スワジランド
    29. タンザニア( 到着時アライバル・ビザ取得 )
    30. トーゴ共和国( 到着時アライバル・ビザ取得 )
    31. チュニジア共和国( 90日 )
    32. ウガンダ( 到着時アライバル・ビザ取得 )
    33. ザンビア共和国( 到着時アライバル・ビザ取得 )
    34. ジンバブエ( 到着時アライバル・ビザ取得 )
  • オセアニア
    1. アメリカ領サモア( 準州 )
    2. オーストラリア( 電子渡航認証システムESTAおよびeTA )
    3. クック諸島
    4. フィジー共和国( 4ヶ月 )
    5. フランス領ポリネシア
    6. グアム
    7. キリバス共和国( 30日 )
    8. マーシャル諸島( 到着時アライバル・ビザ取得 )
    9. ミクロネシア連邦( 30日 )
    10. ニュージーランド
    11. ニュージーランド( 90日 )
    12. ニウエ
    13. 北マリアナ諸島
    14. パラオ諸島( 到着時アライバル・ビザ取得 )
    15. パプアニューギニア独立国( 到着時アライバルビザ取得 )
    16. サモア独立国( 到着時アライバル・ビザ取得 )
    17. ソロモン諸島( 到着時アライバル・ビザ取得 )
    18. トンガ王国( 到着時アライバル・ビザ取得 )
    19. ツバル( 到着時アライバル・ビザ取得 )
    20. バヌアツ共和国( 30日 )
  • カリブ海
    1. アンギラ( イギリス領 )
    2. アンティグアバーブーダ( 1ヶ月 )
    3. アルバ
    4. バハマ連邦( 3ヶ月 )
    5. バルバドス( 6ヶ月 )
    6. ボネール
    7. イギリス領ヴァージン諸島
    8. ケイマン諸島
    9. ボネール島・セントユーステーシャス島・サバ
    10. キュラソー
    11. ドミニカ国( 6ヶ月 )
    12. ドミニカ共和国( 90日 )
    13. フランス領西インド諸島
    14. グレナダ( 3ヶ月 )
    15. ハイチ共和国( 3ヶ月 )
    16. ジャマイカ( 30日 )
    17. モントセラート
    18. プエルトルコ( 電子渡航認証システムESTAおよびeTA )
    19. セントクリストファーネイビス( 3ヶ月 )
    20. セントルシア( 6週間 )
    21. セントビンセント・グレナディーン諸島( 1ヶ月 )
    22. セントマーチン
    23. トリニダードトバゴ共和国( 90日 )
    24. タークス諸島及びカイコス諸島( 90日 )
    25. アメリカ領ヴァージン諸島( 電子渡航認証システムESTAおよびeTA )
  • アメリカ大陸
    1. アルゼンチン共和国( 90日 )
    2. ベリーズ( 90日 )
    3. ボリビア多国籍国家( 90日 )
    4. カナダ( 6ヶ月:電子渡航認証システムESTAおよびeTA )
    5. チリ共和国( 90日 )
    6. コロンビア共和国( 180日 )
    7. バミューダ諸島( イギリス海外領土 )
    8. コスタリカ共和国( 90日 )
    9. エクアドル共和国( 90日 )
    10. エルサルバドル共和国( 3ヶ月 )
    11. フォークランド諸島
    12. フランス領ギアナ
    13. グアテマラ共和国( 90日 )
    14. ガイアナ協同共和国( 3ヶ月 )
    15. ホンジュラス共和国( 3ヶ月 )
    16. メキシコ合衆国( 180日 )
    17. ニカラグア共和国( 90日 )
    18. パナマ共和国( 90日 )
    19. パラグアイ共和国( 90日 )
    20. ペルー共和国( 183日 )
    21. スリナム共和国( 30日 )
    22. ウルグアイ東方共和国( 90日 )
    23. ベネズエラのボリバル共和国( 90日 )
    24. アメリカ合衆国( 90日:電子渡航認証システムESTAおよびeTAが必要VWPビザ免除プログラム )
  • 中東
    1. アルメニア共和国( 180日 )
    2. ジョージア国( 1年 )
    3. イスラエル国( 3ヶ月 )
    4. カタール国:州( 30日 )
    5. トルコ共和国( 3ヶ月 )
    6. アラブ首長国連邦( 30日 )
    7. パレスチナ自治区
    8. アゼルバイジャン( 到着時アライバル・ビザ取得 )
    9. バーレーン( 到着時アライバル・ビザ取得 )
    10. イラン・イスラム共和国( 到着時アライバル・ビザ取得 )
    11. ヨルダン・ハシミテ王国( 到着時アライバル・ビザ取得 )
    12. クエート国( 到着時アライバル・ビザ取得 )
    13. レバノン共和国( 到着時アライバル・ビザ取得 )
    14. オマーン国( 到着時アライバル・ビザ取得 )

いや長々と、お疲れ様でございました。(^_^;)

「 ビザなし 」と言っても、厳密には到着後に
空港でアライバル( Arrival )ビザを
取得しなければならない国も有るので、
厳密には「 完全なビザなし 」ではない。

言葉のアヤというか、詳しく説明すると
日本から出国する時にビザなしでも渡航が出来る
という表現の方が正しい様な気もするのだが。(^_^;)

スポンサードリンク


ビザなしで入国後に申請するアライバル・ビザとは

 前章で示した日本のパスポートでビザ無しで
観光目的の旅行ができる190の国の名前の一覧を
お伝えしたが到着後にビザの申請手続きが必要な
「 アライバル・ビザ 」とは何か?

あくまでも補足情報なので詳しくは説明しないが
ざっくり言えば、旅行者のための観光用ビザで
「 Tourist-Visa-on-Arrival ( TVoA ) 」という。

渡航した先の国によって、パスポートの有効期限や
有料か無料かなど条件の違いがあるので要注意だ。

例えば、30日以内の観光目的ならビザの申請免除 
観光目的でも現地で31日以上滞在したい人は
到着時にアライバル( 到着 )ビザを申請する。

つまり、わざわざ日本でビザを取得しなくても
渡航先の現地で発給される仕組みを言うが、
インドなどは渡航先の空港内で申請が出来る。

visa

電子渡航認証システムESTAおよびeTAとは何か?

 1章で、ご説明させていただいたビザ無しで
行ける190ヶ国の一覧の中で、「 渡航条件 」が
「 eTA 」つまり電子渡航認証システムの取得がある。

eTAもしくはESTAの取得は、1章で一覧表示した
ビザなし渡航OKの国の中では、アメリカ合衆国や
オーストラリア、カナダが必要条件に入れている。

電子渡航認証( eTA )は、カナダ入国ビザが
必要でない外国籍の旅行者が空路でカナダに
入国する場合に必要なものです。

eTAはパスポートに電子的にリンクされ、
有効期間は最長5年間ですが、
パスポートの有効期限がそれ以前の場合は、
パスポートの有効期限まで有効です。

新しいパスポートを取得した場合は、
新しいeTAを得る必要があります。

【 引用ここまで↑出典:Canada 】

eTAの申請リンクは、上記の引用サイトのリンクの
中に有るので、参考にされてみるといい。

etAとESTA( Electronic-System-for
Travel-Authorization )は、基本的に同じアメリカの
電子渡航認証システム技術である。

電子渡航認証システム( Electronic System
for Travel Authorization: ESTA )は、
米国国土安全保障省( DHS )により
2009年1月12日から義務化されています。

米国に短期商用・観光等の90日以内の滞在目的で
旅行する場合( 米国における乗り継ぎ含む )は、
査証( ビザ )は免除されていますが、
米国行きの航空機や船に搭乗する前に
オンラインで渡航認証を受けなければなりません

【 引用ここまで↑出典:外務省 】

上のリンクの中にも、ESTA( エスタ )申請用の
公式サイトのリンクがあるので、確認される事をおすすめする。

ちなみに「 e-VISA 」は電子ビザであり、
オンライン上で取得が可能な査証となる。

混同しやすいが当然、電子ビザなるe-VISAと
電子渡航認証システムのESTA、eTAは違う
ので。

つまり、1章の「 ビザ( 査証 )無しで渡航が可能な
世界190ヶ国の一覧
」の中の条件付きの国に
入国するには、ESTAもしくはeTAが必要なのだ。

ビザ[ visa ]なしで渡航が出来る国であっても、
パスポート以外にアライバルビザもしくは
電子渡航認証システムが必要な国があるのだ。

ちなみに1章の「 許可された滞在期間 」の
日数はウィキ情報の参照だが、あくまでも
「 目安 」として捉えて頂ければと思う。

う~ん、ややこしいなぁ…本当に。(^_^;)

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


記事ランキング

krosa NO1

第1位 台風10号クローサ2019たまごの進路予想図と最新情報は

 台風12号ポードルの卵らしき熱帯低気圧がフィリピン海の東、 グアム島の南に発生したので、詳しい位置や今後の進路予想図を。↓ 台風8号が宮崎県に上陸し、台風9号も台湾方面に北上を続ける中、 台風10号 […]

記事の続きを読む
imadoko NO2

第2位 箱根駅伝2019年1月3日の先頭集団は今どこ?

 2019年1月3日に行われている第95回の、 箱根駅伝の復路の先頭集団は今どこに居るのか? 先頭の1位は東海大学だが、2位の東洋大学とは かなりの差が開いているので、もしかして 悲願の初優勝なるか? […]

記事の続きを読む
takeyama-rie NO3

第3位 竹山修身市長の次女は誰?堺市長の政治資金収支報告書を作成か

 2019年4月22日に、大阪府泉北の堺市長、 竹山修身( たけやまおさみ )市長【 68 】が、 「 自らの資金管理の不備の責任を取り 」、 堺市議会の山口典子議長【 59 】に30日付けで 辞職願 […]

記事の続きを読む
ブログ運営者情報のプロフィール

 初めまして!小松と申します♪ 私はトラック運転手の仕事に就いてから足掛け13年目で退職し、プロブロガーに転身しました。ここ茨城から、世界に先駆けて世の中の最新ニュースやエポックメイキングな情報を発信し続けてまいります。ご意見やご要望、時にはお叱りなども、ございましたら遠慮なく、お問い合わせを頂ければと思います♪^^

プロフィールの続きを読む
カテゴリー

最新投稿5記事

tapah 台風17号2019年たまご米軍JTWCヨーロッパ予報の進路予想図 peipah 台風16号たまご卵の米軍とヨーロッパ予報の進路予想図と最新情報 chiba 千葉県の停電地域の場所の地図!9月16日現在はどこ? zozo ZOZOゾゾ前澤友作社長の退任理由はなぜ?3つのわけが判明! water-supply 千葉県の断水情報と給水所の場所はどこかの地図9月12日現在
    Google【 グーグル 】プライバシーポリシー表記

     Google等の第三者配信事業者が、
    クッキー[ Cookie( ブラウザの閲覧ごとに各々の端末に保存される小さなファイル )]を使用してユーザーで有るあなたに、当「 茨城瓦版 」や他のウェブサイトに過去にアクセスした際の情報に基づいて広告を配信します。

     Googleが広告のクッキーを使用することに拠りユーザーであるあなたが、そのサイトや他のサイトにアクセスした際の情報に基づいGoogleや、そのパートナーが適切な広告をユーザーである、あなたに表示できます。

     あなたは、WEB用デジタル・アドバタイジング・アライアンスの消費者選択ツールにアクセスすれば、パーソナライズ広告に使われる第三者配信事業者のCookieを無効に出来ます。

     第三者配信事業者や、広告ネットワークの配信する広告が、当サイト「 茨城瓦版 」に掲載されます。

     対象となる第三者配信事業者や、広告ネットワークの適切なウェブサイトへのリンクを掲載します。

    http://optout.aboutads.infoに、
    アクセスすれば第三者配信事業者が、パーソナライズド広告の掲載で使用するCookieを無効に出来る事を、ここに明示します。

     以上。