台風26号の米軍JTWC進路予想図の最新情報で2018年は?

瓦版茨城の台風情報

瓦版茨城の台風情報

台風の進路予想図の最新情報がメインのブログです

瓦版茨城の台風情報 TOP  >  台風の最新情報 , 天気予報  >  台風26号の米軍JTWC進路予想図の最新情報で2018年は?

台風26号の米軍JTWC進路予想図の最新情報で2018年は?

yutu

 2018年は台風が猛威を振るった、当たり年に
なってしまいつつも10月に入り、なりを潜めていたが…

台風26号イートゥー【 民話の玉兎 】が21日になって発生し
米軍の合同台風警報センター【 JTWC 】が警告を発している。

台風26号の米軍JTWC進路予想図の最新情報

「 マッデン・ジュリアン振動 」と呼ばれる
対流活動が活発化しなくなったから、台風が
発生しなくなったのだな、と思ってはいたが
遂に大きな勢力に発達が予想される台風26号
イートゥー[ yutu ]が発生した。

米軍JTWC合同台風警報センターの30回目の警告!↓

yutu

【 引用ここまで↑出典:公式米海軍ウェブサイト海軍気象学および海洋学コマンド 】

台風26号は今後、西寄りに進みフィリピン・ルソン島を
横断した後、方向転換し北上する米軍JTWCの進路予想図に

変わったので、今後の動きには注意が必要だ。

上の米軍の台風26号の進路予想図の見方で、
予報円の数値にも規定が有るので一覧で示す。↓

  • 外側の赤円:34ノット( 17.4m/a )
  • 内側の赤円:50ノット( 25.7m/s )
  • 中心の青点:64ノット( 32.8m/s )( 無いものはトロピカルストーム )

また、米軍の呼び名も風の強さ( KNTノット )で
それぞれ分かれていて、64ノット( 32.8m/s )以下が
トロピカルストーム、それ以上がタイフーンと呼ぶ。

次章では英語のテキスト説明文も添付するので。

参考までに、気象庁が採用している3段階の
台風の階級の数値表を以下に示すので。↓

  • 「 強い 」33m/s以上~44m/s未満
  • 「 非常に強い 」44m/s以上~54m/s未満
  • 「 猛烈な 」54m/s以上

「 猛烈な 」強さを持つ台風に成長した
ピークは過ぎ去り、勢力も弱まった状態だが
今だに「 非常に強い 」勢力を維持している。

気象庁では22日の月曜日の時点で、
まだ「 熱帯低気圧a 」と位置づけていたが、
23日になって、台風26号に昇格している。

台風26号の米軍の進路予想で説明文の日本語訳

 アメリカ米軍のJTWC台風合同警報センターは、
台風26号の進路予想図と一緒に英文の説明文も、
添付して最新情報を公開している。【 警告#30

yutu

さっそく、日本語に翻訳しながら今後の
台風26合の進路予想図の説明を、させて頂く。

まずもって、2018年10月30日の午前3時の
台風26号の位置【 POSITION 】だが、北緯
( 緯度 )が16.8°Nで、東経( 経度 )が
123.0°Eとなるので、Google地図で表示する。↓

日本からは距離が、かなり離れている場所で
沖縄県の南端、糸満市から約1,144キロ南南西の海上にある。

フィリピン・ルソン島から60キロ東の海上に
あるので、30日の午前中には上陸の可能性が!

【 DEGREES 】進行の方角は275°なので、
ほぼ西の方角に進んでいる意味になる。

だいたい台風が発生して北マリアナ諸島付近に
居るときは毎回、西の方角にすすむのが定番だ。

【 MOVING 】移動の速度は「 12KNOTS 」で、
時速に換算すると、ママチャリで進む程度の
スピードで西方向に移動しているという事だ。

30日に出されている警告#34の時点では、
11月4日の午前3時までの最大風速を予報。

台風の進路が変わる11月4日の午前3時には最大風速が
毎秒15.3m/sで、温帯低気圧に変わる見込み

予報を出しているのが、今後の状況にも要注意だ。

気象庁の予報と米軍の進路予想図を比較する

 日本の気象庁では、2018年10月22日の月曜日の
午前6時の時点では、まだ台風26号の最大風速が
最低基準値である「 17m/s 」に達していないので
「 熱帯低気圧a 」として予報が公開されていたが、
さらに発達したことで「 台風26号 」となった。↓

yutu

気象庁公式ホームページ「 台風第26号イートゥー 」
[ https://www.jma.go.jp/jp/typh/typh5.html ]を
「 瓦版茨城 」のブログ運営者が加工して作成した。

以下に気象庁の最新情報のデータを
参考として引用しておくので、ご覧頂きたい。

< 11月02日03時の予報 >
強さ –
存在地域:南シナ海

予報円の中心
北緯 20度30分( 20.5度 )
東経 116度20分( 116.3度 )

進行方向、速さ:北北西ゆっくり
中心気圧 990hPa
中心付近の最大風速25m/s( 50kt )
最大瞬間風速35m/s( 70kt )
予報円の半径240km( 130NM )

【 引用ここまで↑出典:気象庁 】

上記の引用では、台風26号イートゥー[ yutu ]は
11月2日の午前3時の時点では、南シナ海に
移動しているとの予報なので、Google地図で表示。↓

アメリカ軍の進路予想図と比較しても
そんなに大きな差は見られないのは、いつも通りだ。

2日には台湾の高雄市から477キロ南西の
南シナ海の海上に位置している進路予想図だ。

ところで米軍も気象庁も、なぜ進路予想図が
日本列島に近づかず西寄りの台湾やフィリピンの
方角に向かって進んでいるのだろうか?

台風が北上してこない理由は、気象庁が
公開している気圧の配置図を見れば分かる。↓

yutu

気象庁公式ホームページ「 天気図:日本周辺域カラー 」
[ https://www.jma.go.jp/jp/g3/index.html ]を、
「 瓦版茨城 」のブログ運営者が加工して作成した。

「 10月26日の時点では高気圧が、日本列島の
ど真ん中に居座っているから低気圧の台風26号は
侵入する事が出来ない 」現象が起きているからだ。

気圧の配置を示す等圧線図は、次章の
ウィディンティティでも、リアルタイムに
視認が出来るので、ぜひとも御覧頂きたい。

気象庁の今後の予報も米軍同様に強さの
ピークは過ぎたが、進路は確定していない。

常に最新情報を表示するWindytyと米軍を比較

 台風情報は、どんなに最新予報が発表されてから
PCに張り付いて随時、記事更新を行っても
タイムラグが生じるが「 Windyty 」なら
つねに最新の情報に書き換えられるので、
非常に便利かつ重宝すること間違いない。↓

上の「 △ボタン 」押しで画像が再生され、
台風26号の予想進路を表示してくれる。

また、スライダーバーをタップかクリックすれば
任意の日にちの台風の気流の渦の位置が最新の状態で
見れるので、間違いないく使えるサイトだ。^^

22日の時点では台風26号は、日本列島に
近づかない予想進路図になっているが、続けざまに
W台風が発生し、台風27号らしき気流の渦の方が
日本列島に接近する今後の予報が気になる…

米軍の進路予想図を世界6ヶ国の予報と比べると

 台風26号イートゥーの進路予想図は米軍以外にも
各国の気象予報機関が、それぞれ独自に公開している。

総合多機関熱帯サイクロン予測 」より引用↓

yutu

【 引用ここまで↑出典:マルチエージェンシーTC予測 】

上はアメリカ海軍JTWCと日本の気象庁JMAの
2つの気象機関のデータも含めた7ヶ所の台風26号の
西北太平洋および南シナ海の進路予想図の一覧だ。

世界各国の気象データでも、最新の10月30日時点の
進路予想図は、フィリピン横断後に北上に転換する。

10月30日の午前9時現在の座標を、Googleマップで
表示させると見事にフィリピンに上陸している。↓

7つの気象予報機関が公開している台風26号の
進路予想図は米軍も含めて全て一致していて、
座標の位置は、緯度が16.7°Nで経度が
121.6°Eとなるが、このあとに方向転換する。

別記事でも、お伝えしているが本稿でも
TC気象機関一覧の、まとめを改めて以下に示す。

  • HKO:香港の天文台
  • JTWC:米軍の共同台風警告センター
  • JMA:日本の気象庁
  • NMC:中国の中央氣象台
  • CWB:中国および台湾の中央気象局
  • KMA:韓国の気象庁
  • PAGASA:フィリピンの大気、地球物理学および天文学サービス管理

合計7ヶ所の気象機関が台風26号の
進路予想図を公開した画像が上のものだが
国別に見ると、香港を1つの国とカウント
しても、6ヶ国の気象データということに。

あくまでも30日の時点の進路予想図
なので今後、最新情報が更新される度に
台風26号の進行方向が変わる可能性も有る。

台風26号のウェザーニューズ最新動画情報は?

 ウェザーニューズの11月1日の最新情報では、
南シナ海を北北西の方向に進む予報だが、
今後は次第に衰弱して行くと報じている。

ウェザーニューズは、台風26号の今後について
「 次第に衰弱して来るが沖縄エリアは、うねりの
影響を受けるかも知れないので注意が必要 」と予報。

2018年10月31日時点の予報なので、今後は
いくらでも予想進路図が、最新情報で変わる
可能性は十分に有るので念のため。

米軍の台風26号に関する最新情報は、
11月3日の午後3時( 日本標準時に変更後 )まで
進路予想図が公開されているが今後は減衰して行く。

さらに、米軍の最新の情報を補う位置づけで
Windytyや気象庁、ウェザーニューズ社、ANNの
台風の予報および進路予想図を活用して頂きたい。

医者で言うなれば「 セカンド・オピニオン 」だ。

本稿でも、アメリカ軍の台風情報が最新の
コンテンツ( 情報の中身 )に更新され次第、
記事に上書きして、お伝えしてまいる所存だ。

台風26号たまご直後の米軍の進路予想図は?

 前回、9月に発生した台風25号コンレイは
10月はじめに掛けて猛威を振るったが、10月に
入ってから、しばらくは発生していなかった。

台風を発生させる対流活動が、移動したのか?
と思っていたが、2018年10月21日に台風26号の
たまごが、新たに発生してしまった。

yutu

上は、米海軍が公開している台風26号の
初回の警告の進路予想図だが、2018年10月21日の時点で
マーシャル諸島から、北マリアナ諸島の
中間の辺りに居たが、風力は25ノットで
12.75m/sと気象庁が台風として認知する
17m/sに満たない、弱い卵の状態だった。

yutu

しかし、今後は徐々に発達しながら西寄りに進み
強力な勢力になると、どの気象機関も予報している。

台風26号が台湾の東に接近した後の進路予想図が、
確実に定まっていないので予測は出来ない状態だ。

“台風26号の米軍JTWC進路予想図の最新情報で2018年は?” への4件のフィードバック

  1. keonhacai より:

    It is the best time to make some plans for the longer term and
    it’s time to be happy. I have learn this submit and if I could
    I desire to counsel you some interesting issues or tips.
    Maybe you can write next articles referring to this article.
    I wish to learn more issues approximately it!

  2. camera ip giá sỉ より:

    Normally I do not learn post on blogs, however I would like
    to say that this write-up very pressured me to
    check out and do it! Your writing taste has been amazed me.
    Thanks, very great post.

  3. minecraft より:

    I absolutely love your site.. Great colors & theme.
    Did you create this website yourself? Please reply back as I’m trying to create
    my very own site and would like to know where you got this from
    or exactly what the theme is named. Appreciate it!

  4. minecraft より:

    Aw, this was an extremely nice post. Taking a few minutes and
    actual effort to create a great article… but what can I
    say… I procrastinate a lot and don’t manage to
    get nearly anything done.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


記事ランキング

開城ケソン南北共同連絡事務所の場所と地図 NO1

第1位 開城ケソンの場所はどこ?南北共同連絡事務所の地図

 北朝鮮と韓国の交流の拠点でホットラインだった、開城ケソン工業団地の中にある「 南北共同連絡事務所 」の場所が、どこかをGoogleマップで表示する。 【 本稿の記事ページの目次 】  1. 開城ケソ […]

記事の続きを読む
ブログ運営者情報のプロフィール

 瓦版茨城の運営者の小松と申します。台風速報!チャンネルを運営していますが、私は気象予報士ではなく元トラックドライバーです。運転手の仕事に就いてから足掛け13年目で退職し、プロのブロガーに転身しました。ここ茨城から世界に先駆けて台風関連の最新速報を中心に、エポックメーキングな情報発信を続けてまいります。ご意見やご要望、時にはお叱りなどもございましたら、遠慮なくお問い合わせを頂ければと思います。^^

プロフィールの続きを読む

最新投稿5記事

2021台風14号チャンスー進路予想 台風14号2021年チャンスー米軍ヨーロッパ進路予想は日本上陸 2021年の台風12号たまご発生 台風12号オーマイス2021たまご発生と米軍ヨーロッパ進路予想! 台風9号2021年は日本列島に上陸か? 台風9号2021ルピートたまご米軍ヨーロッパの進路予想と最新情報 2021年の台風8号の進路予想図は日本上陸か アウターバウンド台風8号2021進路予想は日本上陸か最新情報7月 台風6号インファの最新情報 台風6号インファ2021たまご発生と米軍JTWCヨーロッパ予報の進路予想

    Copyright(C) 2012-2021 瓦版茨城の台風情報

    ページトップ
    ↑上