信越線が停まった詳しい場所は三条市のどこなのか

台風情報の瓦版茨城

台風情報の瓦版茨城

台風の進路予想の最新情報がメインのブログです

台風情報の瓦版茨城 TOP  >  車/鉄道/高速道路/免許  >  信越線が停まった詳しい場所は三条市のどこなのか

信越線が停まった詳しい場所は三条市のどこなのか

sinetsu

 新潟県三条市に降り積もった大雪の影響で
動けなくなったJR信越線が立ち往生した場所は
「 東光寺駅から帯織( おびおり )駅の間の踏切付近 」だと
報じられているが詳しい場所は、どこだったのか?

詳しい場所をGooleアースで[ sinetsu ]

 15時間半の長時間に渡って足止めを食らったのは
新潟発長岡行き上りのJR信越線で4両編成の普通電車だった。

「 無人の東光寺駅から南西に300メートルの場所 」
だと報じられているが、JR信越線は本当に
報道の通りの場所に停まったのだろうか?

kyodoNews社が上空から、立ち往生したJR信越線を
空撮している映像が有るのでシェア。↓

上のYouTube動画の場所を
Googleアースで照らし合わせて東光寺駅からの
距離を計測してみた。↓

以上のGoogleアースで確認をしたところ、
JR信越線が止まっていた詳しい場所は
新潟県三条市茅原846 」であった。

そして、無人のJR東光寺駅からの距離は
Googleアースの計測では「 南西方向に1.2キロメートル 」であった。

報道で言われている「 付近の踏切 」の場所は、
JR信越線が止まっていた現場から、さらに南西方面に
50メートル進んだ場所にある。

しかも車内は満員に近い状態で、立っていた乗客も多数おり
15時間以上も立ちっぱなしの大変な思いを
された方々も、大勢いらっしゃったのだ。

なぜ、この様な非常事態に際して
すぐに乗客を降ろす事が出来ず、15時間半ものあいだに渡って
カンヅメ状態に、なってしまったのであろうか?

JR信越線が乗客を降ろす事が出来なかった理由

 信越線が止まった後も、すぐに乗客を降ろすことが
出来なかった理由をJR東日本の新潟支社は
次の様に説明している。

「 電車の下回りに雪が、たまり前に進めなくなった。」

「 無理に動かすと脱線の恐れがあり、
また吹雪で足元が悪く乗客を降ろしても
代わりの交通手段を用意できなかった 」

「 暖房があり、安全な車内で待ってもらうのが
最善の判断だと考えた 」

さらに、代替えの交通期間を利用できなかった
理由についても、次の様に述べている。

( 以下「 大雪で立ち往生したJR。なぜ乗客を降ろすことができなかったのか? 」から引用 )↓

「 合わせて代替輸送も検討しました。

仮にバスやタクシーが手配できれば、
足場を踏み固め少しずつ誘導するという
方法も、あり得たかもしれません 」

「 しかし、通常例のない雪の降り方だったため
周辺の一般道も大渋滞するなど混乱していました。

各社とも手配ができる状況ではありませんでした 」

( 引用ココまで・出典:BuzzFeeD NEWS )↑

まさに八方塞がりの状態で有ったと言えるだろう。

JR信越線が止まった時間の昨夜7時には
三条市内の積雪量が77センチにも達していたという。

乗客の女子高校生は「 閉じ込められているあいだ、
睡眠が取れない事が辛かった 」と語っていたが、
電車内にトイレが付いていたのは不幸中の幸いだったか。

信越本線の立ち往生はやむなしか[ sinetsu ]

 JR信越線の正式名称は「 信越本線 」というが、
雪国の鉄道であっても想定を越える積雪量では
立ち往生を、やむなくされることが今回の緊急事態で分かった。

除雪車を手配しようにも、信越本線が緊急停車した
三条市茅原846の場所までに辿り着くまでの
一般道が大渋滞している状態だったので、
すぐにというわけには行かなかったに違いない。

かといって脱線の危険を覚悟で
電車を走らせるわけにも行かない。

もともと大雪の影響で信越本線の
ダイヤ自体が遅れていたと報じられているが、
それでも発車させたのは多数の乗客が足止めを
食っていた状態を見るに見かねたJR東日本
新潟支社の判断だったのかも知れない。

きょう、明日ともに三条市の予報は雪らしいが
明日の13日は大学入試センター試験が有るので
同じ問題が2度と起きない様に事前準備と対策を
受験生以上に、しっかりとやって頂きたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


記事ランキング

開城ケソン南北共同連絡事務所の場所と地図 NO1

第1位 開城ケソンの場所はどこ?南北共同連絡事務所の地図

 北朝鮮と韓国の交流の拠点でホットラインだった、開城ケソン工業団地の中にある「 南北共同連絡事務所 」の場所が、どこかをGoogleマップで表示する。 【 本稿の記事ページの目次 】  1. 開城ケソ […]

記事の続きを読む
ブログ運営者情報のプロフィール

 台風情報の瓦版茨城の運営者の小松と申します。台風速報!のYouTubeチャンネルも運営していますが、私は気象予報士ではなく元トラックドライバーですが、運転手の仕事に就いてから足掛け13年目で退職。その後はプロのブロガーに転身しましたが、ものごとの事象に真実で立ち向かいます。ここ茨城から世界に先駆けて台風関連の最新速報を中心に、エポックメーキングな情報発信をこころがけてまいります。ご意見やご要望、時にはお叱りなどもあるかもしれませんが、遠慮なくお問い合わせを頂ければと思います。^^

プロフィールの続きを読む

最新投稿5記事

台風14号2022年の進路予想 猛烈な大型台風14号2022米軍JTWCヨーロッパ気象庁の進路予想 2022年の台風3号チャバ最新情報 台風3号チャバ2022たまご最新情報!米軍JTWCヨーロッパ気象庁 台風2号2022メーギー進路予想 台風2号メーギー2022米軍JTWCヨーロッパ気象庁の進路予想 台風1号2022年マラカスたまご最新情報 日本へ向かう台風1号マラカス2022米軍ヨーロッパ気象庁の進路予想 Windy2021年12月17日の午前10時の進路予想 台風22号ライ2021たまご米軍JTWCヨーロッパの進路予想図

    Copyright(C) 2012-2022 台風情報の瓦版茨城

    ページトップ
    ↑上