アメリカで自動運転事故を起こしたメーカーと車種はどこなのか?

台風情報の瓦版茨城

台風情報の瓦版茨城

台風の進路予想の最新情報がメインのブログです

台風情報の瓦版茨城 TOP  >  交通事故 , 車/鉄道/高速道路/免許  >  アメリカで自動運転事故を起こしたメーカーと車種はどこなのか?

アメリカで自動運転事故を起こしたメーカーと車種はどこなのか?

uber


全米初の自動運転事故が起きた車のメーカーは?

 すでに報道されている内容なので本稿を
お読みいただいている、あなたも
ご存知の事と存ずるが、不幸にも全米で
初の自動運転自動車に拠り人命が奪われる
重大事故が起きてしまった。

3月18日の夜10時頃だった夜間走行中に
アメリカ・アリゾナ州の横断歩道のない車道に
自転車とともに突然飛び出してきた女性が犠牲になった。

事故当時のドライブレコーダーも
公開されているが、自動運転機能が働いていたのにも
関わらず、ブレーキは掛からなかった模様だ。

自動運転の試験車は配車サービスのWEBサイト運営
および、配車アプリの開発などを手がける米大手企業の
ウーバー・テクノロジーズ( uber )社【 本社:
カリフォルニア州サンフランシスコマーケット
ストリート1455番 】が開発を進めていた車だった。

上記の内容までは報道されている通りである。

ここからが、記事タイトルに対する本稿の答えになるが、
事故を起こした自動運転の車のメーカー名は
「 ボルボ・カーズ 」
【 本社:スウェーデン 】である。

今では中国企業の浙江吉利控股集団の
傘下に収まっている
が。

報道では、自動運転車の運転席に座っていた
ドライバーが、ときおり下を向いていたとか
過去に犯罪歴が有ったとか報じられている。

しかし、地元の警察署のトップは
事故現場の状況から鑑みて事故を防ぐのは
難しかったのでuber社には落ち度は無いと
コメントしている。

つまり、事故現場は横断歩道のない車道に
突然飛び出してきたのが自転車を押していた
女性だったのである。( TOP画像では乗っているが )

では、事故を起こしてしまった
自動運転の車の車種は、ボルボ・カーズの
どの型式の自動車だったのだろうか?[ uber ]

自動運転事故を起こした車の車種名が判明した!

 自動運転事故を起こした自動車の型式は、
Volvoの「 XC90 」
である。

「 V90 」では無いのか?とするツイートも
見受けられたが、TCというサイトがXC90であると
写真付きで報じているのだ。

ちなみに、ボルボ・カーズの
XC90は、以下の車種になる。↓

Volvoの公式サイトにもXC90の諸元や
スペック( 仕様 )が掲載されている。↓

車両販売価格は779万円からで、2017年の
カー・オブザイヤー・インポートを受賞している
優秀な車である。

だが、おそらく車そのものに罪は無い。

金沢大学の新学術創生研究機構の
菅沼准教授は自動運転装置を「 完全なものではない
と断言されている。

その上で今回のボルボ・カーズの
自動運転車が起こした事故の原因を
「 センサーの反応が遅れたのでは? 」
と分析されているが、事実は違う。

しかし、あのタイミングで急に車道に
飛び出してこられては、自動運転でなくても
ブレーキが間に合ったかどうか…

だが、現役トラックドライバーの
視点で見ていて、1つだけ気になった点がある。

それは自動運転の車で事故を起こした時に、
「 ハイビーム 」ではなく、ロービームで走行していた
感じのヘッドライトの光の照射距離
と角度だったように感じられたのだ。

対向車が多い国道の走行なら、その必要は無いが
基本的に夜間走行はハイビームが基本なのである。

今回の自動運転の事故だってハイビーム走行であれば
横断歩行者の発見も数秒、早く出来て
事故を未然に回避できたかも知れないが
実は事故原因は別の理由だったことが判明した。

事故を起こした車のメーカー名や車種は関係ない

 今回、不幸にも全米で初めてとなる
自動運転車の事故が起きてしまった。

自動運転装置を開発していたのは
ウーバーであるが、車を提供したメーカーは
ボルボだし、車種もXC90であることが判明した。

自動運転装置そのものは、ともかく
今回の事故は現場の状況から鑑みて
どのメーカーの、どの車種であっても
起きていたのではなかろうか?

はっきりとしたことは申し上げられないが、
事故当時の映像を何度、見ても
ハイビームを使用していた様には見えない。

勿論、運転席の男性も度々下を見て
( スマホの疑い? )いたという部分も
批判の材料にはなっている。

以前から、自動運転自動車は事故を起こさないとする
迷信は幻想だと、不肖この私めのツイッターで
何度も主張してきたし、ガジェット通信へも寄稿した。↓

だが、現実に人間が運転する自動車だって
現実に事故が発生している。

車のメーカーや車種が問題なのではない。

今回は、たまたまVolvoのXC90というメーカーと
車種の自動車が自動運転の事故を起こした
結果になってしまったが、二度と同じ問題が
起きない様に再発防止に努めて頂きたいものである。

なんでも仮想通貨のビットコインに
使われているP2Pブロックチェーン技術を
自動車同士の交通網に応用する動きも
出てきているようだ。

しかし、いままでに人間が作るもので
完全なものは無かった。

ということは、われわれ車に乗るドライバーも
歩行者の方も細心の注意を払う事でしか
未然に事故を防ぐことは出来ないのでは無いか。

事故を起こした時の速度は60キロで
走っていたと報じられている。

車は急に止まれない 」のは、
自動運転自動車でも例外では無かったのだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


記事ランキング

開城ケソン南北共同連絡事務所の場所と地図 NO1

第1位 開城ケソンの場所はどこ?南北共同連絡事務所の地図

 北朝鮮と韓国の交流の拠点でホットラインだった、開城ケソン工業団地の中にある「 南北共同連絡事務所 」の場所が、どこかをGoogleマップで表示する。 【 本稿の記事ページの目次 】  1. 開城ケソ […]

記事の続きを読む
ブログ運営者情報のプロフィール

 台風情報の瓦版茨城の運営者の小松と申します。台風速報!のYouTubeチャンネルも運営していますが、私は気象予報士ではなく元トラックドライバーですが、運転手の仕事に就いてから足掛け13年目で退職。その後はプロのブロガーに転身しましたが、ものごとの事象に真実で立ち向かいます。ここ茨城から世界に先駆けて台風関連の最新速報を中心に、エポックメーキングな情報発信をこころがけてまいります。ご意見やご要望、時にはお叱りなどもあるかもしれませんが、遠慮なくお問い合わせを頂ければと思います。^^

プロフィールの続きを読む

最新投稿5記事

台風14号2022年の進路予想 猛烈な大型台風14号2022米軍JTWCヨーロッパ気象庁の進路予想 2022年の台風3号チャバ最新情報 台風3号チャバ2022たまご最新情報!米軍JTWCヨーロッパ気象庁 台風2号2022メーギー進路予想 台風2号メーギー2022米軍JTWCヨーロッパ気象庁の進路予想 台風1号2022年マラカスたまご最新情報 日本へ向かう台風1号マラカス2022米軍ヨーロッパ気象庁の進路予想 Windy2021年12月17日の午前10時の進路予想 台風22号ライ2021たまご米軍JTWCヨーロッパの進路予想図

    Copyright(C) 2012-2022 台風情報の瓦版茨城

    ページトップ
    ↑上