台風19号2019年ヨーロッパ予報とアメリカ軍の進路予想図

ここ茨城から瓦版で、あなたへ情報発信♪

ここ茨城から瓦版で、あなたへ情報発信♪

ニュースサイトには無い情報を探るのが瓦版のモットー

ここ茨城から瓦版で、あなたへ情報発信♪ TOP  >  天気予報 , 自然災害 , 台風情報  >  台風19号2019年の米軍JTWCとヨーロッパ予報の進路予想図

台風19号2019年の米軍JTWCとヨーロッパ予報の進路予想図

hagibis

 2019令和元年10月12日の午後7時前に大型の台風19号ハギビス[ hagibis ]が、
非常に強い 」状態で駿河湾から静岡県の伊豆半島付近に上陸した!

【 本稿の記事ページの目次 】

 1. 米軍JTWCの進路予想図は非常に強い台風が上陸

 2. アメリカ軍の台風19号の警告文も猛烈な強さに

 3. ヨーロッパ予報の最新情報は11日に関東へ接近

 4. 10月12日に非常に強い台風19号が本州に上陸

 5. 13日のヨーロッパ予報は本州を北上し東北へ

 6. 10月14日に北海道の東の太平洋海上へ抜ける

 7. 15日にはベーリング海峡へ遠ざかる台風19号

 8. 動く台風の進路予想図のウィンディで見る

 9. 気象庁発表の台風19号の予報を米軍と比較

 10. 7つの気象機関の熱帯低気圧予報の進路比較

 11. 19号は12日の午後7時前に伊豆半島付近に上陸

 12. 台風19号が成長する条件の海面水温は何度?

 13. 10月12日の午後6時現在の19号の気流の位置は

 14. 台風19号ハギビスの卵たまごが発生した場所は

 15. 台風19号ハギビス[ hagibis ]の名前の意味は

米軍JTWCの進路予想図は非常に強い台風が上陸

hagibis
hagibis

【 引用ここまで↑出典:米国海軍公式ウェブサイト海軍気象海洋コマンド 】

 上の引用画像とテキスト文は米軍の合同台風警報センターの
10月10日の午前6時( JSTに修正 )現在の衛星画像と、熱帯低気圧の最新情報である。

以上の米軍JTWCの最新情報では、本州の関東地方に上陸後の2019年10月13日の午前3時の台風19号の最大風速が毎秒41.12m/sメートルの強い勢力を維持している。

静岡県から上陸した後、⇒神奈川県⇒東京都⇒埼玉県⇒千葉県⇒茨城県⇒福島県⇒太平洋の三陸沖に抜ける
13日の午前3時になっても、38.55m/sと、まだ「 強い 」勢力を維持している。

スポンサードリンク


アメリカ軍の台風19号の警告文も猛烈な強さに

 次に、米軍JTWCが10月10日の午前6時( JST日本標準時に修正 )に発行した台風19号の英文テキスト情報から。

hagibis

【 引用ここまで↑出典:米軍JTWC熱帯警告 】

トロピカルストームから、スーパータイフーンに格上げされた上の英文テキストの
台風19号ハギビスの警告文#11の内容を、ひとつひとつ読み解いていこう。

まずは、2019年10月10日の午前3時( JST )時点の位置は、北緯が22.0°N、東経が139.8°Eとなる。( 黄色の星印は硫黄島 )

上記の警告文で台風19号の存在位置は、フィリピン海の海上にある。

北マリアナ諸島のグアム島やテニアン島よりも北側の場所で静岡県賀茂郡南伊豆町石廊崎の南端から、1,404.32km
( 872.61マイル )ほぼ南の海上に位置( POSITION )する。

移動( MOVING )の方角は、ほぼ北の方向( 15° )で、進む速さは時速15キロ
( 17KNOTS )と、自転車でいうとママチャリ並みの速さだ。

また、関東、東海地方付近に上陸する進路予想図が描かれている2019年10月13日の
午前3時( JST )時点
の最大風速は秒速41.12m/sメートルと、じゃっかん
減衰するものの気象庁の階級でも「 強い 」風速を維持している。

12日の午後10時の存在位置も神奈川県にある横須賀基地から約17キロの距離にまで最接近する予報となっている。

台風19号の存在位置と予想進路の各米軍基地への最接近地点と接近予想時刻を一覧表にして以下に、まとめた。↓

日本の米軍基地への台風19号ハギビスの最接近地点と時間帯の一覧
各米軍基地の場所の名前 最接近点場所の住所地 最接近地点からの距離:NM( Kmに換算 ) DTG:日時( JSTに変換 )
佐世保基地 ( アメリカ海軍 ) 長崎県佐世保市立神町 694.5Km 12日・土曜日:午前7時
米海兵隊岩国航空基地 山口県岩国市車町3丁目9 503.7Km 12日・土曜日:午前10時
R2RS【 在日アメリカ軍・経ヶ岬通信所 】 京都府京丹後市丹後町袖志 346.3キロ 12日・土曜日:午後4時
横須賀( 海軍施設 ) 神奈川県横須賀市 16.6キロ 12日:土曜日・午後10時
成田国際空港( _A.P ) 千葉県成田市古込1−1 25.9キロ 13日:日曜日・午前0時
厚木( アメリカ海軍飛行場 ) 神奈川県綾瀬市と大和市にまたがる 33.3キロ 12日:土曜日・午後10時
米陸軍基地キャンプ座間 神奈川県相模原市と座間市にまたがる 33.3キロ 12日:土曜日・午後10時
横田基地内飛行場( _A.B ) 東京都福生市大字福生2552 44.4キロ 12日:土曜日・午後10時
米海兵隊キャンプ富士 静岡県御殿場市中畑滝ヶ原街道R23沿い滝ヶ原自衛隊前 48.1キロ 12日:土曜日・午後8時
三沢飛行場( アメリカ空軍 ) 青森県三沢市三沢下沢/平畑 329.6キロ 13日:日曜日・午前9時
車力分屯基地 青森県つがる市富萢町屏風山1 400.0キロ 13日:日曜日・午前8時

アメリカ海軍JTWCは以前の予報に比べて台風の強さの数値は弱まったが、今後も
予報が変わる可能性が十分に考えられるので最新情報には留意されたい。

ヨーロッパ予報の最新情報は11日に関東へ接近

 次に、台風の進路予想図を公開しているヨーロッパ中期予報センターの、2019年10月11日の金曜日の気圧配置図から。

hagibis

【 引用ここまで↑出典:ヨーロッパ中期天気予報センター 】

上の画像は、10月11日の午前9時( UTC世界標準時から+9時間でJST日本標準時に変更 )
ヨーロッパECMWFの日本列島を含むインドネシア東アジア地域の気圧配置図だ。

前回の気圧配置図とは全く様子が違い、恐ろしいまでの発達を続ける台風19号ハギビス。

11日の金曜日の気圧配置図は、台風19号が「 猛烈に強い 」勢力にまで
発達していることが、黄色から紫まで色分けされた最大風速の一覧表からも確認できる。

11日の金曜日には猛烈な強さから減衰しながらも、強い台風19号が
本州の関東地方に近づきつつ有る予報図となっているが、米軍JTWCも
気象庁も、ほとんど同じ強さで移動する進路予想図を描いている。

10月12日に非常に強い台風19号が本州に上陸

hagibis

 10月12日の土曜日の午前9時( JST )には、猛烈な強さを維持した台風19号ハギビスが関東、東海地方に最接近し本州上陸寸前の位置にまで最接近する。

ヨーロッパ予報の12日の午前9時時点の進路予想図の座標位置は、
北緯が32.07°N、東経が137.28°Eで、地図画像をGoogleマップで以下に表示する。↓

静岡県賀茂郡南伊豆町の南端、石廊崎から316.86km
( 196.89マイル )南南東の太平洋の海上にまで接近している。

米軍JTWCと気象庁は、日本に上陸する時間帯は12日から13日にかけてと発表しているが、
ヨーロッパ予報の最大風速が44m/s( 85ノット )の以上の「 非常に強い 」勢力ではない。

まさに驚異的な画像であり、もしこの経路で「 非常に強い 」まま日本列島に近づくと甚大な被害が予想される。

13日のヨーロッパ予報は本州を北上し東北へ

hagibis

10月13日の日曜日になると一気に東北地方の東に移動する気圧配置図となる。

まさに、12日から13日は正念場であり台風19号が本州を縦断する可能性もある事が読み取れる。

減衰してはいるが色分けされた台風19号の強さを見ると、なおも
「 非常に強い 」勢力を保っている深緑色をしているのが分かる。

10月14日に北海道の東の太平洋海上へ抜ける

 14日の月曜日の体育の日になると北海道の東からロシアの東北の
太平洋の海上に抜けていくが、なおも「 強い勢力 」を保っている。↓

hagibis

14日の進路予想図で台風19号は日本から離れるので、暴風の影響は殆ど受けない。

昨年の2018年10月には1個だけ、台風26号イートゥーが発生している。↓

15日にはベーリング海峡へ遠ざかる台風19号

hagibis

 15日の火曜日になって、ようやく台風19号ハギビスは日本列島から遠ざかりベーリング海の方角へと離れていく。

10月7日のヨーロッパ中期予報センターの進路予想図では、猛烈な強さのままの台風19号が
日本列島の近畿地方に接近する経路図を公開していたが進む方向が変わり、
大きく西よりに進み関東、東海地方へ上陸の恐れが出てきた。

スポンサードリンク


動く台風の進路予想図のウィンディで見る

 おなじみの「 Windy 」は、ヨーロッパ中期予報センターの気象データを
元に生成して、動く映像で台風の進路予想図を示している。

埋め込み画像はECMWFモードであるが、こちらは自動更新機能つきなので常に最新の情報が見れる。

12日の深夜から13日の未明にかけて中心気圧が955ヘクトパスカルの
強い台風が東海地方から上陸するルートが、9日の時点で描かれている。

気象庁発表の台風19号の予報を米軍と比較

 では、次に気象庁が発表している台風19号ハギビスに関する予報と米軍JTWCの進路予想図を比較してみたい。

hagibis

気象庁公式ホームページ「 台風経路図/台風第19号 」[ https://www.jma.go.jp/jp/typh/1919.html ]を、
瓦版茨城のブログ運営者が加工して作成した。

米軍JTWCの進路予想図と比較しても、経路にそれほど大きな違いはない。

さらに強さに関して気象庁は「 非常に強い 」勢力で静岡県に上陸する予報を出している。

12日21時の予報/強さ 非常に強い
予報円の中心 北緯35度30分( 35.5度 )東経139度25分( 139.4度 )
進行方向、速さ 北北東35km/h( 19kt )
中心気圧945hPa/中心付近の最大風速45m/s( 85kt )
最大瞬間風速60m/s( 120kt )予報円の半径60km( 30NM )
暴風警戒域 東側 430km( 230NM )西側 330km( 180NM )

【 引用ここまで↑出典:国土交通省/気象庁 】

気象庁の最新データでは、2019年10月12日の午後9時の予報で
「 非常に強い 」状態で台風19号ハギビスが上陸後、神奈川県相模原市に移動している。

また、大きさも大型で千葉市に上陸した台風15号よりも2倍から3倍以上もあり
暴風警戒域は東側が430km( 230NM )、西側が330kmとなっている。

中心気圧は945ヘクトパスカルと低く、最大風速も秒速45m/s( 90ノット )と
猛烈に強い台風からは減衰するものの、それでも勢力は強いままで動いている。

ちなみに台風の中心気圧( hpa )は、数値が低いほど勢力が強くなる。

米軍JTWCが予報する同時刻の最大風速は46.26m/sと、ほぼ同じで気象庁の台風の「 非常に強い 」階級である「 44m/s85ノット以上~54m/s105ノット未満 」に該当する。

12日の夜9時の時点の19号の予報円の中心位置は北緯が35.5°N、
東経が139.4°Eの座標位置なので、以下にGoogleマップで表示する。↓

上陸した台風19号の位置は、神奈川県相模原市南区新戸の米軍キャンプ座間の脇だ。

12日に気象庁は「 大雨特別警報 」を甲信地方を中心に発令したので、詳しい地域の内訳のリンクを以下に貼る。↓

あと誤解が無いように毎回、申し上げるが台風の予報円が大きくなる意味は「 進路予想のブレ幅 」が大きくなるからであって、台風そのものが大きくなることを示すものでは無いので念の為。

7つの気象機関の熱帯低気圧予報の進路比較

hagibis

【 引用ここまで↑出典:統合されたマルチエージェンシー熱帯低気圧の予測 】

上の引用画像が、Multi-Agency( 統合多機関熱帯低気圧予報 )の7つの気象機関による台風19号の進路予想図の比較である。

米軍JTWCおよびヨーロッパ中期予報センターECMWFを含む、7つの気象機関が一致して太平洋の海上から北上して関東地方へ向かっている経路図を描いている。

Multi-Agencyの7つの気象機関が、どこであるかは以下の記事で詳しく解説している。↓

19号は12日の午後7時前に伊豆半島付近に上陸

令和元年10月12日18時57分 気象庁予報部発表

台風第19号の中心は12日19時前に伊豆半島に上陸しました

【 引用ここまで↑出典:国土交通省/気象庁 】

気象庁から、2019年10月12日の午後7時前に台風19号は駿河湾から静岡県の伊豆半島付近に上陸したとの正式発表があった!

 猛烈に強い台風に成長する予報が出されている19号のハギビス[ hagibis ]の
進路予想図が以前よりも東にズレ出し、日本列島の本州の東海および関東地方に直撃、上陸のルートに変わった。

ANNの動画で今村涼子気象予報士が言う様に、太平洋高気圧の強さによって台風の進路は変わる

hagibis

気象庁公式ホームページ「 天気図/実況・予想/日本周辺域 」[ https://www.jma.go.jp/jp/g3/ ]を、
瓦版茨城のブログ運営者が加工して作成した。

上の画像は10月12日の午前9時の気圧予想配置図だが、1028hpaの太平洋高気圧が
北海道の東に退き、台風19号がそのまま北上する最悪の気圧配置図になった。

基本的に低気圧である台風は高気圧のある場所には入れず、磁石のN( S )極と
N( S )極、水と油のように相容れないので高気圧の、へりに沿って進む性質がある。

高気圧の南には、暖かい空気と冷たい空気が互いにぶつかり合って
停滞している状態を示す「 停滞前線 」がある。

今後は、早いタイミングで台風が偏西風に乗れば、より東( 右 )側に移動し、
乗るのが遅れれば遅れるほど西( 日本列島 )側にズレていく進路を、たどる。

台風19号が成長する条件の海面水温は何度?

hagibis

気象庁公式ホームページ「 日別海面水温 」[ https://www.data.jma.go.jp/gmd/kaiyou/data/db/kaikyo/daily/sst_HQ.html ]を、
瓦版茨城のブログ運営者が加工して作成した。

台風が成長するためのエネルギー源は温かい海水であるが、19号が存在するフィリピン海の
10月8日時点の海面水温は、完全に30℃に達している状態だ。

海面水温が26.5℃よりも高いと台風が発達する条件の一つにはなるが、台風16号ペイパーが
成長しなかったように必ずしも強い台風に発達するとも限らない。

海面水温が高いだけでなく、その他もろもろの諸条件が複合的に重なって始めて台風は成長する。

10月に入って海面水温は低いと思われるだろうが、次章で紹介するEARTH気流の10月7日の午前0時の気象データでも30.9℃と高い。

だが台風が発達、成長するには海面水温の他にも対流圏下層で低気圧性渦度があることや
上空と地上付近の風の差が小さいこと、対流圏中層が湿っていて
気流の空気が乾燥していないなどの複数の条件が必要だ。

スポンサードリンク


10月12日の午後6時現在の19号の気流の位置は

 では次に、2019年10月11日の午前6時現在の台風19号の場所を、EARTH気流の画像で確認する。

2019-10-12 18:00 Local 」より引用↓

hagibis

【 引用ここまで↑出典:Earth Wind Map 】

10月11日の午前6時現在の気流の渦の中心位置は、北緯が26.85°N、
東経が138.37°Eで、存在する場所をGoogleマップで示すと以下の場所になる。↓

日本列島の本州の静岡県静岡市葵区黒金町の静岡駅から28.42km( 17.66マイル )南南西の駿河湾の海上に存在している。

台風19号ハギビスの卵たまごが発生した場所は

 2019年10月6日の午前3時に発生した台風19号ハギビス[ hagibis ]の、
タマゴである熱帯低気圧が発生した場所は、どこだったのか?

アメリカ海軍JTWC熱帯低気圧情報 」より引用↓

hagibis
hagibis

【 引用ここまで↑出典:Official U.S.Navy Website 】

上の米軍の画像はABPW( abbreviated pacific western )
北西太平洋地域のフィリピン海の東の海上で熱帯低気圧となる卵が発生した時の熱帯警告だ。

マーシャル島の東側とウェーク島の中間あたりの海上になる。

2019年10月5日の午前9時( JST )時点の熱帯低気圧の座標位置は、
北緯が16.4°N、東経が163.1°Eとなり台風19号の卵が発生した場所だ。

東京駅からは3,150.77km( 1,957.80マイル )離れた南東の海上で台風19号の、タマゴは発生している。

もし、たまごの状態から発達した台風19号が日本本土に上陸するとなると前回の台風15号ファクサイ以来となる。

台風19号ハギビス[ hagibis ]の名前の意味は

 台風19号が発生したときの名前は、もう既に決まっており「 ハギビス 」[ hagibis ]だ。

世界的な国際機関である「 台風委員会 」のターンテーブルの52番目に登録されている。

「 ハギビス 」を命名したのは、フィリピン王国で意味は「 素早い 」である。

「 すばやい 」は形容詞で動作が早いことを指す。

台風の名前というと、だいたい女性の名前や花や動物の固有名詞が使われるが、形容詞は珍しいなと思う。

スポンサードリンク


“台風19号2019年の米軍JTWCとヨーロッパ予報の進路予想図” への4件のフィードバック

  1. 綿地 由樹 より:

    台風19号は既に発生しております。今後、猛烈な勢力迄発達する予想です。

    • 小松 毅鑑 より:

       綿地 由樹さま、コメントを賜り恐悦至極に存じます。

      おっしゃるとおり、米軍JTWCの最新情報でも日本列島に向かいながら
      猛烈な強さの最大風速にまで成長する進路予想図が公開されてますね。

      記事をリライト修正して、最新の情報に更新させていただきます。

  2. 綿地 由樹 より:

    ご返信ありがとうございます。これからも最新の情報を投稿して下さいね。そして、最新情報に十分注意して下さい。

    • 小松 毅鑑 より:

       綿地 由樹さま、こちらこそ励みになる御返信を頂き、ありがとうございます。

      これから記事の大幅な書き換えを行って参りますが、すでに10月であることを
      考えますと、2019年では最大規模の台風になる可能性が大きいですね。

      時間がかかりますが、命に関わることなので気合いを入れてまいります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


記事ランキング

mitag NO1

第1位 台風18号2019年の米軍JTWCとヨーロッパ予報の進路予想図

 2019年9月28日に台風18号ミートク[ mitag ]が発生したので、米軍JTWCと ヨーロッパ中期予報センターおよび気象庁の進路予想図を分かりやすく解説する! 気象庁の発表では、減衰した台風第 […]

記事の続きを読む
krosa NO2

第2位 台風10号クローサ2019たまごの進路予想図と最新情報は

 台風12号ポードルの卵らしき熱帯低気圧がフィリピン海の東、 グアム島の南に発生したので、詳しい位置や今後の進路予想図を。↓ 台風8号が宮崎県に上陸し、台風9号も台湾方面に北上を続ける中、 台風10号 […]

記事の続きを読む
water-supply NO3

第3位 千葉県の断水情報と給水所の場所はどこかの地図9月12日現在

 2019年9月12日も台風15号が上陸した千葉県を中心に停電による 大規模な断水が続いているが、最新情報と給水所の場所がどこかを地図で示す。 【 本稿の記事ページの目次 】  1. 南房総市の12日 […]

記事の続きを読む
ブログ運営者情報のプロフィール

 初めまして!小松と申します♪ 私はトラック運転手の仕事に就いてから足掛け13年目で退職し、プロブロガーに転身しました。ここ茨城から、世界に先駆けて世の中の最新ニュースやエポックメイキングな情報を発信し続けてまいります。ご意見やご要望、時にはお叱りなども、ございましたら遠慮なく、お問い合わせを頂ければと思います♪^^

プロフィールの続きを読む
カテゴリー

最新投稿5記事

chikumagawa 長野県ちくま千曲川の決壊場所をGoogle地図で特定した! izu 台風19号ハギビスはどこの場所にいつ上陸したかを地図で hagibis 台風19号2019年の米軍JTWCとヨーロッパ予報の進路予想図 goromaru 五郎丸選手はラグビーW杯2019になぜ出ない?3つの理由とは disability ツイッターがログインできない障害マップの機能停止状況は?
    Google【 グーグル 】プライバシーポリシー表記

     Google等の第三者配信事業者が、
    クッキー[ Cookie( ブラウザの閲覧ごとに各々の端末に保存される小さなファイル )]を使用してユーザーで有るあなたに、当「 茨城瓦版 」や他のウェブサイトに過去にアクセスした際の情報に基づいて広告を配信します。

     Googleが広告のクッキーを使用することに拠りユーザーであるあなたが、そのサイトや他のサイトにアクセスした際の情報に基づいGoogleや、そのパートナーが適切な広告をユーザーである、あなたに表示できます。

     あなたは、WEB用デジタル・アドバタイジング・アライアンスの消費者選択ツールにアクセスすれば、パーソナライズ広告に使われる第三者配信事業者のCookieを無効に出来ます。

     第三者配信事業者や、広告ネットワークの配信する広告が、当サイト「 茨城瓦版 」に掲載されます。

     対象となる第三者配信事業者や、広告ネットワークの適切なウェブサイトへのリンクを掲載します。

    http://optout.aboutads.infoに、
    アクセスすれば第三者配信事業者が、パーソナライズド広告の掲載で使用するCookieを無効に出来る事を、ここに明示します。

     以上。